古河電工ホームへ 古河電工ホーム 放熱/電子実装部品 Electronics Components(ELC)
放熱・電子実装部品のお問い合わせ
放熱部品 電子部品 メモリディスク
 

ヒートパイプ原理


動作原理
超熱伝導素子ヒートパイプ(HP)


 ヒートパイプとは、密閉容器内に少量の液体(作動液)を真空封入し、内壁に毛細管構造(ウィック)を備えたものです。
 ヒートパイプの一部が加熱されると、
  (1)加熱部で作動液が蒸発(蒸発潜熱の吸収)
  (2)低温部に蒸気が移動
  (3)蒸気が低温部で凝縮(蒸発潜熱の放出)
  (4)凝縮した液が毛細管現象で加熱部に環流
という一連の相変化が連続的に生じ、熱が素早く移動します。
 μHPは、ヒートパイプをさらに小型高性能化した、マイクロデバイス冷却用の超熱伝導素子であり、あらゆる分野での放熱、均熱化に貢献します。

マイクロヒートパイプ(上)と銅パイプ(下)の温度分布比較





放熱部品 ヒートパイプ/ヒートシンク/伝熱シート

  ヒートパイプ
ヒートパイプヒートパイプ原理
ヒートパイプヒートパイプ
ヒートパイプ超薄型ヒートパイプ

  マイクロヒートパイプ・ヒートシンク
ヒートシンクスタックフィン・ヒートシンク
ヒートシンク各種ヒートシンク

  高発熱密度対応ヒートシンク
ヒートシンククリンプフィンヒートシンク
ヒートシンクペーパーチャンバー

  パワー系ヒートシンク
ヒートシンクパワーキッカー
  モジュール型
  圧接型
  自冷式縦型
ヒートシンクエアキッカー
ヒートシンクヒートキッカー

  伝熱シート
伝熱シート伝熱シート
伝熱シートEMIシート


放熱・冷却製品カタログ
BackTop


 
古河電工ホームへ

All Rights Reserved, Copyright© FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 2003