ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

Q&A

Q:

アクアレックスは耐食性に優れていますか?[耐食性]

A:
全てのアクアレックスの管本体及び保護層は、腐食性土壌、酸性土壌、塩害に優れた耐食性を持つポリエチレンを用いています。
Q:

管が水道水中の塩素に侵される心配はありませんか?[耐塩素水性]

A:
以下品種のアクアレックスの管本体(単層管)や内管(複層管)は、塩素による水泡剥離を促進するカーボンブラックを含まない、無色ポリエチレンを使用しておりますので塩素に侵させる心配はありません。
品種:AQX-V、AQX-VR、AQX-NW、AQX-FN
Q:

露出配管、屋外保管は大丈夫ですか?[耐候性]

A:
管本体あるいは管の保護層等の最外層を、耐候性を有した黒色ポリエチレンとしておりますので露出配管にてご使用いただけます。また屋外保管も可能です。
ただし、保管時は管端面にキャップ等付けることをお勧めします。
Q:

アクアレックスは耐震性に優れていますか?[耐震性]

A:
アクアレックスは伸びが極めて大きいポリエチレン管です。ポリエチレン管は硬質塩化ビニル管、ダクタイル鋳鉄管等に比べると非常に大きな伸び特性を有しており、地震に対して柔軟に対応することから耐震性が優れております。
Q:

アクアレックスはフレキシブルですか?[フレキシブル性]

A:
アクアレックスはフレキシビリティーなポリエチレン管をベースにした管です。
また、鋼帯や繊維補強層も許容曲げ半径以内で管の曲げに追随するよう設計されております。許容曲げ半径についてはアクアレックスのそれぞれのタイプの技術資料をご参照ください。
Q:

ポリエチレン管ではどれくらいの内圧に耐えますか?[耐内圧特性]

A:
20℃における、衝撃圧を含む最高許容圧力で圧力区分を決めています。 0.8MPa、1.1MPa、1.6MPaの品種があります。又最高使用温度は40℃ですが、温度により最高許容圧力が変化します。個別のカタログや技術資料でご確認ください。
Q:

アクアレックスはどれくらいの外圧に耐えますか?[耐外圧特性]

A:
ポリエチレン管本体や内管が、アクアレックス-FNでは波付ポリエチレン外管が外圧(土圧、輪加重)を受けます。 通常の浅層埋設(埋設深度0.6m)から数m深度での土圧、25Tトラックの輪加重による外圧には十分耐えます。 詳細はアクアレックスのそれぞれのタイプの技術資料をご参照ください。
Q:

アクアレックスの接続はどうやって行いますか?[接続]

A:
アクアレックスシリーズの管がISO4427に準拠した寸法になっていることからEFソケット(ISO準拠サイズ品)による接続が一般的です。またバット融着やメカニカルによる接続も可能です。品種によっては接続後の最外層処理が必要となります。

その他特性等については弊社技術資料、仕様書等でご確認ください。

このページの先頭へ

本文ここまで


ここからサブカテゴリメニュー

サブカテゴリメニューここまで


ページの終わり