ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

Agめっきステンレス条

概要

当社は、1980年よりAgめっきステンレス条(以下Ag-SUS条)の製造を開始しました。以来20年間に渡り当製品製造のパイオニアとして、多数のユーザー様に多種に渡る製品を納入して参りました。この過程で、種々の用途に応じた製品製造のノウハウを蓄積してきており、貴社のご要望に応える実力を持つと自負しております。

特長

  • 片面Agめっきができるため、コストメリットがあります。
  • 当社独自の前処理技術により極薄SUS条でも密着性に優れます。(当社特許)
  • スリッターでは特殊な治工具による剪断と巻取り方法で有害な表面キズ発生を防止します。
  • 業界最長の4kg/mmコイルを供給できます。(競合他社は2kg/mm前後)
  • 当社独自の防錆処理により耐食性が優れています。(当社特許)
  • 疲労寿命に優れたSUSを採用しています。(SUSメーカーとの共同開発によりMIT試験寿命を大幅に向上)

製造範囲

項目 製造範囲
基材材質 SUS301、304等
基材質別 H-TA、EH、EH-TA、HT-TAなど
板厚(mm) 0.03〜0.10
板幅(mm) 5.0〜100
Agめっき厚(μm) 0.2〜2.0
下地めっき厚 フラッシュ
被膜構成 片面の全面被覆
表面仕上げ めっき上り(耐硫化処理仕上げ)

Ag-SUS条の皮膜構成
Ag-SUS条の皮膜構成

製品特性(オーステナイト系、SUS301の場合)

質別 引張強さ(Mpa) 伸び(%) 硬さ(Hv)
H-TA 1300〜1500 10〜30 420〜460
EH 1650〜2010 500〜540
ESH ≧1750 530〜570
HT-TA ≧1800 550〜590

(注)上表以外の材質・性能についてもご要望に応じます。

疲労寿命の比較

MIT-Test

供試材 Sample Ag-SUS301 HT-TA 0.055mmt
古河(Furukawa) I 長寿命タイプ Long life type(HT-TA)
ステンレスメーカーと共同開発
古河(Furukawa) II 通常タイプ Normal type(EH-TA)

耐食性

下表に、Agめっきステンレス条の環境試験結果(外観)を示します。
良好な耐食性を示しています。

環境試験前後のサンプル外観

供試材 無処理材 塩水噴霧試験(NaCl 5%) 硫化試験(H2S 3ppm)
4hr 8hr 24hr 4hr 8hr 24hr
古河材
A社材
B社材

接触抵抗

塩水噴霧試験前後の接触抵抗
(JIS C0023)
塩水噴霧試験前後の接触抵抗


硫化試験前後の接触抵抗
(H2S 3ppm, 40℃)
硫化試験前後の接触抵抗

このページの先頭へ



ページの終わり