ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

リフローSnめっき条

概要

リフローSnめっきは耐食性、電気接続性、半田付け性、ろう付け性などの表面性能を向上する手段として広く普及してきました。
当社では、銅及び銅合金条に連続的に高品質のリフローSnめっきを施しためっき条をご提供しています。

特長

  • 均一なめっき厚さと外観
    バラツキが少なく、薄めっきから厚めっきまで製造可能です。キズ、光沢ムラなどの欠点がなく均質な仕上げです。
  • 優れた耐食性
    ち密なめっき仕上げのため、各種試験において耐食性に優れています。
  • 優れた密着性
    JIS H8619記載のめっきの密着性試験において、剥離または膨れがなく密着性に優れています。
  • 半優れた田付け性
    半田濡れ性および接着強度に優れ、MIL法(240℃5秒間の共晶はんだ浸漬、ロジンフラックス:25%IPA使用)で95%以上の濡れ性が得られます。
  • 安定した接触抵抗
    初期の接触抵抗値が低く、耐食性が良いので経時的変化も僅かです。
  • ボビン巻き(トラバース)品の提供が可能

各種めっき条の特性比較

特性 めっき種
リフローSn Ag
めっき厚 ≦2.0μm 任意
耐食性 B B(硫化)
半田付け性 A A
プレス加工性 A A
耐ウィスカー性 A B
耐マイグレーション性 A C
接触抵抗 A A
耐熱性 B A
経済性 A C

製造範囲

めっき種 めっき厚
[μm]
銅下地めっき厚
[μm]
素条厚さ
[mm]
素条幅
[mm]
コイル単重
[kg/mm]
リフローSn 0.8 - 2.0 0 - 1.0 0.15 - 0.8 90 - 230 2.7 - 8
(注)上記以外の範囲についてはご相談下さい。

このページの先頭へ



ページの終わり