超低硬度ゴム:
EPDMベースの加硫ゴム組成で超低硬度(JIS A硬度 0)を可能にした画期的な素材です。しかもEPDMの持つ基本特性(優れた耐候性、耐オゾン性、耐熱性)を保持しています。

超低硬度エラストマー:
可塑性エラストマーをベースとした、超低硬度を可能にした画期的な素材です(JIS A 硬度 0)。優れた耐候性、耐オゾン性、耐熱性を有し、しかも、環境負荷物質を含まないエコ材料を使用しています。

最も寄与が大きいライフサイクルプロセス:原料

特長

  • 非常に柔らかく、圧縮変形に良く追従します。
  • 圧縮応力の保持性に優れ、長期間シール性を持続します。
  • 耐熱性良好。連続使用 70℃、短時間使用 130℃です。
  • 主要材料は加硫EPゴム、熱可塑性エラストマーで、この主材および超低硬度機能を発揮する添加材のパラフィン系、オイル系には環境負荷物質は使用していません。また老化防止剤系にも環境負荷物質を使用していません。
超低硬度ゴム・エラストマーの写真

用途

  • 各種シール材、Oリング、パッキン等に適した用途の広い素材

超低硬度ゴム・エラストマーに関するお問い合わせ(古河電工パワーシステムズサイト)