鼠害対策や厳しい布設環境に耐えうる強度を保ちながら、細径・軽量化を実施して使用材料の省資源化やケーブル取り扱い性の向上の図った信号ケーブルです。

最も寄与が大きいライフサイクルプロセス:原料

特長

  • 鼠害対策や厳しい布設環境に耐えうる強度を保ちながら、細径・軽量化を実施しています。
  • 細径化による省資源を実現し、また、外被であるポリエチレンの押出(使用)量を削減させたことにより、押出機のエネルギーにの抑制も実現できています。
  • 様々なネットワーク機器にプラグインすることでそのメーカのtime-to-market短縮という新たな需要を創出できる可能性があります。
信号ケーブル「SEE-SL-S」

用途

  • 鉄道ユーザ用信号設備のデータ伝送及び給電ケーブル

信号ケーブル「SEE-SL-S」に関するお問い合わせ