センター装置から光ファイバを通して光エネルギーを伝送し(給電光)、光給電カメラ側で光エネルギーを電気エネルギーに変換して給電するカメラです。

最も寄与が大きいライフサイクルプロセス:原料・部品

特長

  • カメラ部は電源を必要とせず、電源配線が不要、かつ低消費電力(86%減)。

用途

  • 監視カメラ

光給電カメラに関するお問い合わせ