古河電工ホームへ 情報通信トップへ情報通信カンパニーへのお問い合わせ情報通信サイトマップ
Fitel光ファイバ・融着接続機・融着接続用工具トップへ

 

謹告

「光ファイバ融着接続機 S178A・S123シリーズ」をお使いの皆様へ
- お願い -

2016年12月22日

日頃は弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

弊社製光ファイバ融着接続機(型式 S178A、S123A、S123M4、S123M8)におきまして、装置の使用時に「電源スイッチが入らない」「バッテリを挿入した際に電源が勝手に入る」等の誤動作が発生する可能性があることが判明しました。この現象が発生すると、外観上は電源ランプ及び液晶モニタが消灯して電源が切れているような状態であったとしても、内部電源が入った状態が継続している場合があります。このような状態で装置を放置、または収納ケースに収納すると、故障の原因になります。また、極稀に加熱補強器が高温になってプラスチックケースの一部が溶損する可能性があり、そのような場合に周辺に燃えやすいものがありますと最悪火災が発生することも考えられます。 お客様におかれましては、大変ご面倒と思われますが、光ファイバ融着接続機をご使用にならない場合は、電源コード及びバッテリを光ファイバ融着接続機本体から取り外し、保管頂きますようお願い申し上げます。

また、加熱補強器に異常が発生した場合は、すぐに光ファイバ融着接続機の電源を切り、光ファイバ融着接続機本体から電源コード及びバッテリを抜いてご使用をお止め頂き、弊社サービスセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

お客様のご協力によりまして、電気回路の部品交換は下記の対象製品を残すのみとなりました。

型式番号 製造番号
S123A 01337 ・ 01043
S123M4 01026 ・ 01268
01351 ・ 01366
01509 ・ 01545
01676 ・ 01888
S123M8 01007

対象製品をお持ちのお客様は、万一の事故防止のため無料で電気回路の部品交換を実施させて頂きます。

ご連絡先

〒290-8555 千葉県市原市八幡海岸通6番地 FEセンター4階
古河電気工業株式会社
ファイテル製品事業部門
テクニカルサービスセンター
TEL:0436-55-8175 FAX:0436-55-8178
メールアドレス:fec.askfitel@furukawaelectric.com

型式と製造番号は光ファイバ融着接続機の底面に記されています。下図をご参照ください。
型式と製造番号

注意ご注意

なお本件は極めてまれな事象と考えておりますが、部品交換完了までお客様に安全にご使用いただくために下記のお願いをさせていただきます。
お客様にはたいへんご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 光ファイバ融着接続機を使用しない場合、及び収納ケースに収納する場合は、電源コードとバッテリを光ファイバ融着接続機本体から取り出して下さい。
  • 光ファイバ融着接続機ご使用中は、近くから離れないでください。 また周囲に燃えやすいものを置かないでください。
  • 万一、焦げた匂いや異常な発熱が認められる時は、すぐに使用を中止して光ファイバ融着接続機本体から電源コードとバッテリを抜き、弊社サービスセンターまで連絡ください。電源スイッチを切っても、加熱補強器が加熱しつづける場合がありますので、必ず光ファイバ融着接続機本体から電源コードとバッテリを取り外して下さい。
融着接続機
融着接続用工具
ダウンロード
よくあるご質問
光技術講習会


戻るページの先頭へ
 
古河電工ホームへ

All Rights Reserved, Copyright© FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 2011