古河電工ネットワーク機器の総合ブランド ファイテルネット
古河電工
FITELnetトップ製品ラインナップイベント&セミナーセールス&サポート
Routing to the Future FITELnet
お問い合わせはこちら
 
設定例
JPNE社v6プラス「固定IPサービス」を利用する
〜LAN側でIPv4とIPv6をデュアルスタックで利用する場合(NAPTで利用する)〜
概要
JPNE社のv6プラス「固定IPサービス」を利用する場合の設定例です。
v6プラス「固定IPサービス」については下記URLをご参照下さい。
http://www.jpne.co.jp/service/v6plus-static/

【補足・注意点】
固定IPサービスで割り当てられたv4のグローバルアドレスにNAPTして通信を行います。
LAN側ではIPv4とIPv6をデュアルスタックで利用可能です。
v6のperfixはDHCPv6-PDで取得する例で、装置はホームゲートウェイと置き換えて接続してください。

構成図

ルータ設定例
(!の行はコメントです。実際に入力する必要はありません。)
この設定を利用したい方は
!
!
! 特権ユーザモードに移行します。
!
Router> enable
Enter password: super ←パスワードを入力します(実際は何も表示されません)。

Router#
!
!
! 基本設定モードに移行します。
!
Router# configure terminal
!
Router(config)# ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 tunnel 1 100
!
! DNS リゾルバの設定をします。
!
Router(config)# ip name-server 127.0.0.1
!
! NATの設定をします。
!
Router(config)# ip nat pool IPv4-Global xxx.xxx.xxx.xxx xxx.xxx.xxx.xxx
!		xxx.xxx.xxx.xxxには指定されるIPv4のグローバルアドレスを設定して下さい
Router(config)# access-list 1 permit 192.168.0.0 0.0.0.255
!
!
Router(config)# ipv6 route ::/0 ewan 1
!
! ProxyDNS機能を利用する設定を行います。
!
Router(config)# proxydns mode both
!
!
Router(config)# service dhcp-server
!
!
Router(config)# hostname FITELnet
!
! LAN1インタフェースのMSS値を変更します。
!
FITELnet(config)# mss lan 1 1400
!
! ダイナミック DNS クライアントの設定をします。
!
FITELnet(config)# http-client 1
FITELnet(config-http-client 1)# request-timeout 10 retry 3
FITELnet(config-http-client 1)# method 1 get url http://www.example.net/update user xxxxx pass yyyyy
!				指定されるアップデートサーバのURL(httpのところ)、ID(xxxxxのところ)、
!				パスワード(yyyyyのところ)を設定して下さい
FITELnet(config-http-client 1)# reference-interface lan 1
FITELnet(config-http-client 1)# source-interface lan 1
FITELnet(config-http-client 1)# logging error
FITELnet(config-http-client 1)# exit
!
FITELnet(config)# ip dhcp pool lan 1
FITELnet(config-dhcp-pool)# dns-server 0.0.0.0
FITELnet(config-dhcp-pool)# default-router 0.0.0.0
FITELnet(config-dhcp-pool)# lease 0 8
FITELnet(config-dhcp-pool)# exit
!
! ewan 1 インタフェースの各種設定をします。
! DHCPv6クライアント機能を動作させるための設定です。
!
FITELnet(config)# interface ewan 1
FITELnet(config-if ewan 1)# ipv6 enable
FITELnet(config-if ewan 1)# ipv6 mtu 1500
FITELnet(config-if ewan 1)# ipv6 dhcp client NGN
FITELnet(config-if ewan 1)# exit
!
! lan 1インタフェース設定モードに移行します 。
! ダイナミック DNS サーバに登録に行くタイミングを指定します。
! DHCPv6-PDで取得したIPv6プレフィックスからIPv6アドレスを自動生成します。
! また、RA送信、およびDHCPv6サーバ機能を動作させる設定です。
!
FITELnet(config)# interface lan 1
FITELnet(config-if lan 1)# ddns-client address ipv6 action http-client 1 delay 30 interval 30
FITELnet(config-if lan 1)# ip address 192.168.0.1 255.255.255.0
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 enable
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 address autoconfig interface-id 0001:0002:0003:0004
!				IPv6アドレスのインターフェースIDの指定がある場合に設定して下さい
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 address address-pool POOL1 prefix-length 64
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 nd other-config-flag
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 nd send-ra
FITELnet(config-if lan 1)# ipv6 dhcp server IPv6_DNS-server
FITELnet(config-if lan 1)# exit
!
! Tunnel 1 インタフェースの各種設定をします。
!
FITELnet(config)# interface tunnel 1
FITELnet(config-if tunnel 1)# tunnel mode ipip
FITELnet(config-if tunnel 1)# tunnel source ipv6 lan 1
FITELnet(config-if tunnel 1)# tunnel destination 2001:db8::1
!				指定されるBR(Border Relay)のIPv6アドレスを設定して下さい
FITELnet(config-if tunnel 1)# ip mtu 1460
FITELnet(config-if tunnel 1)# ip nat inside source list 1 pool IPv4-Global
!				NAT+を使用します。
FITELnet(config-if tunnel 1)# exit
!
!
! address-pool設定モードに移行します 。
! DHCPv6-PDで取得したIPv6プレフィックスを利用するための設定です。
!
FITELnet(config)# address-pool ipv6 POOL1
FITELnet(config-address-pool-ipv6)# address-pool enable
FITELnet(config-address-pool-ipv6)# allocate prefix-length 64
FITELnet(config-address-pool-ipv6)# exit
!
! ipv6 dhcp client-profile設定モードに移行します 。
! DHCPv6-PDでIPv6プレフィックスとDNSサーバアドレスを取得するための設定です。
!
FITELnet(config)# ipv6 dhcp client-profile NGN
FITELnet(config-ipv6-dhcp-client-prof)# option-request prefix-delegation delegates address-pool
 POOL1 prefix-length 64 offset 0
FITELnet(config-ipv6-dhcp-client-prof)# option-request dns-servers
FITELnet(config-ipv6-dhcp-client-prof)# exit
!
! ipv6 dhcp server-profile設定モードに移行します 。
! DHCPv6サーバからホストにDNSサーバアドレスを取得させるための設定です。
!
FITELnet(config)# ipv6 dhcp server-profile IPv6_DNS-server
FITELnet(config-ipv6-dhcp-server-prof)# dns-server forward dhcp-client ewan 1
FITELnet(config-ipv6-dhcp-server-prof)# exit
!
!
FITELnet(config)# end
!
!
! 設定を保存します。
!
FITELnet# save SIDE-A.cfg
% saving working-config
% finished saving

FITELnet#
!
!
! 設定を有効にするために再起動します。
!
FITELnet# reset
Are you OK to cold start?(y/n) y

【ご参考】
ISPのPPPoEによるIPv4接続サービスをご利用可能な場合、下記の設定を追加することで、IPv4 over IPv6の固定IPサービスが利用できない場合に自動的にPPPoEによるIPv4接続サービスに切り替えることができます。
そして、IPv4 over IPv6の固定IPサービスが利用できるようになれば、自動的に切り戻ります。

設定手順
!
! 基本設定モードに移行します。
configure terminal
!
! 経路監視の設定をします。
! icmp-class の status としては、監視が成功している間は true で、失敗すると false となります。
!
icmp-class 1
 interval 5
 trial 1 fail 6
 address yyy.yyy.yyy.yyy nexthop tunnel 1
!	yyy.yyy.yyy.yyyには指定されるIPv4の監視先アドレスを設定して下さい
exit
!
! イベントクラスの設定をします。
! ここではアクションの契機となるイベントを設定します。
! イベントの staus が true になると、アクションが実行されます。
! 今回の場合、経路監視が失敗したら、アクションとして経路を追加したいので、
! invert オプションを付けて icmp-class の status を反転させます。
!
event-class 1
 check ip-icmp 1 invert
exit
!
! イベントアクションの設定をします。
! アクションとしてバックアップ側の経路を追加するようにします。
!
event-action 1
 add ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 pppoe 1
exit
!
! イベントマップの設定をします。
! ここでイベントクラスとイベントアクションの結び付けを行います。
!
event-map
 event-class 1 event-action 1
exit
!
interface pppoe 1
 ip nat inside source list 1 interface
 pppoe server Internet
 pppoe account xxx@example.jp pass123
 pppoe type host
exit
!
end
			

ページトップへ

All Rights Reserved, Copyright(C) FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 2017