ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

磁性めっき線(FPW)

磁性めっき線(磁性線)は、銅導体円周上に強磁性薄膜層が被覆され、その上にポリウレタン絶縁皮膜層が焼付け処理されたものです。
高周波用各種コイルにしますと、従来のポリウレタン銅線よりも高周波損失を10%低減させることが できます。これは磁性シールド層により、コイルに生じる近接効果の影響を軽減し、導体の電流分布を均一にし、導体の実効抵抗を低減しうるためです。

特長

  1. 高周波コイルのQ特性が向上します
  2. はんだ付けが可能です
  3. 部品が小型化できます
  4. 高性能なコイルの設計が可能です

構造

構造

品名表示

品名表示

用途

高周波コイル、ディレーライン

製造範囲

記号 最高使用周波数帯
絶縁皮膜 製造範囲(mm)
UEFPW 4.5 UE 0.05 〜 0.12
10.7

●絶縁皮膜はポリウレタンのみ

測定例

2UEFPW0.08φ4.5MHz 用のf-Q 特性

xxxxx

使用コイル:5.2φプラスチックボビン
巻き方:30T 密着巻 リード長 35mm

2UEFPW0.08φ10.7MHz 用のf-Q 特性

xxxxx

使用コイル:5.2φプラスチックボビン
巻き方:22T 密着巻 リード長 35mm

このページの先頭へ

本文ここまで



ページの終わり