ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

低炭素社会を実現する スマートグリッド

おもしろ「技術ワールド」

3F

超電導電力ケーブル

超電導電力ケーブルは、低温で超電導状態(抵抗ゼロ)になる材料を導体に用いることで、大容量の電力を低損失で送ることが可能です。特に、古河電工で開発を進めているイットリウム系超電導電力ケーブルは、ケーブルが途中で失う電力損失を大幅に低減できることから、高効率な送電線として期待されています。このような超電導電力ケーブルはスマートグリッドの中で二酸化炭素削減効果の高い電力輸送線路であり、地球環境にやさしい次世代電力網の要と考え、早期実用のために開発を進めています。

イットリウム系超電導電力ケーブルの開発の一部は、NEDOの「イットリウム系超電導電力機器技術開発」の中で進められています。

リンク先へ移動 参考リンク⇒詳しくは次世代技術「超電導ケーブル」へ

温超電導電力ケーブル
温超電導電力ケーブル

特長

イットリウム系高温超電導電力ケーブルは、ケーブルが途中で失う電力損失を大幅に低減します。現在使われている銅製ケーブルは、発電所でつくった電気が目的地に着くまでに約5%も失われます。超電導状態では電気抵抗がほとんどないため、送電損失を減らすことができます。

製品一覧へ戻る

FLOOR NAVIGATION
3F おもしろ「技術ワールド」
  • 01 放熱技術
  • 02 超電導ケーブル
  • 03 次世代自動車
  • 04 スマートグリッド
  • 05 大容量光通信
2F 製品ができるまで
1F 技術の系譜

PAGETOP