ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

安心をつくる 大容量光通信(新次世代通信ネットワーク)

おもしろ「技術ワールド」

3F

AllWaveゼロウォーターピークファイバ

AllWave Zero-Water-Peakファイバは国際規格であるITU-T G.652.Dを満たし、かつそれをはるかに上回る性能を持つ光ファイバです。
Zero-Water-Peakとは、光ファイバ内に存在する水酸基に起因して波長1383 nm付近に現れる伝送損失の吸収ピークがほぼゼロであることです。これにより、1260 nmから1625 nmの広い波長範囲にわたって極めて低損失でかつ滑らかな伝送損失-波長特性を実現します。
また、従来の光ファイバにおいてこの吸収ピークは長期間のうちに増大する性質を持ちますが、AllWave Zero-Water-Peakファイバでは、水素と反応し得るガラス中の欠陥を極限まで低減しているため、通常20年以上である光ケーブルの使用期間でもほとんど変化しません。
さらには、特許技術に基づく製法により、偏波モード分散(PMD)が極めて低くかつ安定しているため、次世代の100Gb/s伝送技術を用いた長距離大容量伝送に対応できます。以上のことから、AllWave Zero-Water-Peakファイバは将来のシステムアップグレードを容易にし、かつCWDMのような多波長伝送において、長期信頼性の高い伝送路を実現できる光ファイバです。

AllWave Zero-Water-Peak Fiber
AllWave Zero-Water-Peak Fiber

特長

  • 広波長帯域と長期信頼性を備えたシングルモード光ファイバの新標準

伝送損失と分散

製品一覧へ戻る

FLOOR NAVIGATION
3F おもしろ「技術ワールド」
  • 01 放熱技術
  • 02 超電導ケーブル
  • 03 次世代自動車
  • 04 スマートグリッド
  • 05 大容量光通信
2F 製品ができるまで
1F 技術の系譜

PAGETOP