ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

安心をつくる 大容量光通信(新次世代通信ネットワーク)

おもしろ「技術ワールド」

3F

LaserWave 550/300マルチモード光ファイバ

従来マルチモード光ファイバは10Gb/sで約100mの伝送しか行うことができませんでした。
LaserWave マルチモード光ファイバは、安価な850nm VCSEL送受信器を用いた10Gb/sシリアル伝送の距離を550 mまで拡張した初めての光ファイバです。 マルチモード光ファイバによるシステムは、一般的に送受信器やコネクタ、ケーブル成端コストを抑制できる低コストのシステムとして使われます。LaserWave マルチモード光ファイバを使用することで、初期コストが低いメリットを生かし、新たにケーブル敷設をすることなく10Gb/sへのアップグレードが可能となります。

このような性能が実現されるのは、MCVD法による精密なファイバ特性制御によってモード遅延時間差がほぼゼロであり、等価帯域においては10Gb/s 300m伝送に対してIEEEが要求する性能の2倍以上にあたる4700 MHz•kmを達成していることによります。 さらには、IEEE 802.3で定めるマルチモード光ファイバ線路の伝送性能規格、OM4/OM3の要求を超える性能を持ち、10Gb/s伝送はもとより、近い将来、40 Gb/s、100 Gb/sの伝送にも適用可能です。 コア径は業界標準の50μmであり、コネクタ加工性も含め、従来のマルチモード光ファイバと完全な互換性を持っています。

特長

  • レーザ光源を用いる10Gb/s伝送システムに最適な高性能マルチモード光ファイバ
  • 許容最小曲げ半径15 mmを実現
  • 作業性と省スペース性に優れたシングルモード光ファイバ
  • 従来のシングルモード光ファイバと高い互換性

製品一覧へ戻る

FLOOR NAVIGATION
3F おもしろ「技術ワールド」
  • 01 放熱技術
  • 02 超電導ケーブル
  • 03 次世代自動車
  • 04 スマートグリッド
  • 05 大容量光通信
2F 製品ができるまで
1F 技術の系譜

PAGETOP