ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

古河ポリイミドチューブの特性

耐熱寿命(短時間)

耐熱性

試験方法:長さ50cmのポリイミド・エナメル銅線2本を撚り合わせ、所定温度下で165Vを課電、破壊するまでの時間を測定。

加熱重量変化

シームレス

試験方法:試料3mgを示差熱天秤により、昇温速度5℃/minで加熱して重量減少を測定。

耐薬品性試験結果

試験方法:1.0mmφ、60µm厚の試料を各液体中に常温で30日間浸漬後、各項目を測定。

薬品 引張り強さ(kgf) 絶縁破壊電圧(kV)
(オリジナル) 2.4 12.3
水道水 2.4 11.8
塩酸(5%) 2.2 11.8
硫酸(5%) 2.2 11.5
キシレン 2.1 11.5
クレゾール 2.1 12.3
メタノール 2.3 11.0

冷熱サイクル・連続冷却試験結果

 

試験方法

冷熱サイクル試験:-190℃×5min → 90℃×10min → 常温×3minを1サイクルとした冷熱サイクル後の1.0mmφ、60µm厚の試料の絶縁破壊電圧を測定。

連続冷却試験:1.0mmφ、60µm厚の試料を液体窒素中に連続20時間浸漬後、90℃の恒温箱中で放冷し絶縁破壊電圧を測定。

試験項目 冷熱サイクル試験 連続冷却試験
処理内容 無処理 10cycles 20cycles 30cycles 液体窒素中
20時間浸漬
絶縁破壊電圧(kV) 最大 13.6 14.0 16.2 12.8 14.0
最小 11.8 12.8 11.4 11.1 12.6
平均 12.4 13.8 12.4 11.8 13.8

耐放射線試験結果

 

試験方法:0.5mmφおよび1.0mmφ、60µm厚の試料に対し、電子線照射前後の特性を測定。

特性 照射量
0 1Mrad 10Mrad 100Mrad
0.5mmφ 引張り強さ(kgf) 2.4 2.2 2.3 2.2
1.0mmφ 5.2 5.3 5.2 5.0
絶縁破壊電圧 いずれも10kV以上

このページの先頭へ

本文ここまで



バウンド トゥーイノベート

ページの終わり