アルミ電線用防食端子は、自動車用ワイヤハーネスのアルミ電線に適用する防食端子です。アルミ電線を採用する際、被水の可能性がある部位では防食対策が必要ですが、これまでの防食技術では、樹脂モールドやコーティング等の別工程が必要であり、製造コストが嵩む等の問題がありました。
古河電工が世界に先駆けて開発したアルミ電線用防食端子(α端子シリーズ)は、管構造により接続部を密閉し腐食を防止する新しい防食端子です。管形状端子を電線に圧着することで密閉構造を形成する為、個別の防食処理が不要となり、製造コスト低減を実現しアルミ電線の採用拡大に貢献しています。
アルミ電線用防食端子については、以下Webサイトにて詳しくご紹介しております。
   

お問い合わせはこちらからお願いいたします。