光ファイバを抗張力体や介在等とともに集合し、シースを施したものが光ファイバケーブルです。用途に応じた種類の光ファイバを単心から最大1000心まで集合することが可能であり、湿度や熱、外圧など布設環境に適したシースやがい装が選定されます。メタル通信ケーブルと比較すると、細径・軽量であり、かつ、大容量の情報を長距離通信できるという特長を有しています。

古河電工は1974年世界で初めて光ファイバケーブルのフィールド実験に成功して以来、世界各地に光ファイバケーブル製造工場を展開し、世界の高速大容量通信を支えています。
光ファイバケーブルについては、以下Webサイトにて詳しくご紹介しております。
   

製品カタログのご請求、お問い合わせはこちらからお願いいたします。