超電導とは、ある温度以下で電気抵抗がゼロになる現象のことで、きわめて少ない損失で電気を流せる、強力な磁場を作り出せるという特長があります。超電導現象を利用した超電導ケーブルは、電気抵抗がゼロであるため、送電ロスを大幅に低減することが可能です。
古河電工は、1960年代に金属系超電導線材(低温超電導)の研究開発を開始しました。以来、金属系はもとより、酸化物超電導体(高温超電導)による線材についての技術開発も進め、現在その技術は世界でもトップクラスを誇っています。
超電導ケーブルについては、以下ページにて詳しくご紹介しております。
   

製品カタログのご請求、お問い合わせはこちらからお願いいたします。