自動車関連メーカーのパートナーとして

「自動車・エレクトロニクス研究所」は、自動車・エレクトロニクス分野の発展に貢献するため、古河電工の素材力(メタル,ポリマー)を生かした製品開発や、自動車内の熱のコントロール(熱輸送・放熱・廃熱利用)技術の開発を進めています。

研究所長メッセージ

自動車・エレクトロニクス研究所は「古河電工グループ全体の技術を結集し、電装エレクトロニクス製品、機能樹脂製品、金属製品分野の技術開発・製品開発を進め、豊かな社会の実現に貢献すること」をスローガンとしており、5年、10年先の自動車に求められるものを考え、その実現のために樹脂や金属の素材開発から研究をしています。

放熱・冷却技術、樹脂製品・金属製品の開発、自動車の安全・環境保全に寄与する技術を通じて、皆さんの目に付かないところで、安全と地球の環境を守るのが我々の使命です。

自動車・エレクトロニクス研究所
所長 須齋 京太

主な開発テーマ

次世代自動車・エレクトロニクス

  • アルミワイヤハーネス
  • ステアリング・ロール・コネクタ
  • 鉛バッテリ状態検知センサ
  • ワイヤレス電力伝送
  • 次世代ワイヤハーネス/部品
  • 排熱利用技術
  • プラスチックリサイクル技術
  • 樹脂発泡体
  • 精密射出成形技術
  • モータ用巻線
  • サーマルマネジメント
  • 銅合金(条・線・棒)
  • 金属表面処理技術
  • 回路用銅箔
  • リチウムイオン電池集電体

研究開発に関するお問い合わせ