株式会社KANZACC 着座型室内用ビークルのプロトタイプを完成
〜非接触充電装置を搭載〜

2015年10月19日

株式会社KANZACC 

古河電工グループの株式会社KANZACC(本社:大阪市、社長:石橋久和、以下当社)は、着座型屋内用ビークル「BPHOENIX evon」を新たに開発し、プロトタイプを完成しました。今後、工場・イベント会場での移動や、わずかな荷物の運搬用途として展開を図って参ります。

背景

医療・介護現場、工場を始めとし、あらゆるところで移動あるいは荷物運搬用途でビークルが採用されています。これらのビークルには多様なニーズがあり、より操作性、利便性そしてデザイン性が求められています。

「BPHOENIX evon」の特徴

  1. 非接触充電対応であり、手軽に充電が可能です。また、プラグイン充電にも対応しているので、使用環境に応じた充電方法が選択できます。充電コイルには当社のめっき付アルミリッツ線を使用しています。
  2. デザインをよりスタイリッシュにすることで、老若男女を問わず気軽にご使用できます。
  3. 充電スタンドは持ち運びが簡単に出来るため、スペースを選ばず、どこでも設置が可能です。

BPHOENIX evon

主要諸元

車種 ボディタイプ 着座型
駆動方式 後輪駆動
機種名 タイプII
寸法・重量・定員 全長×全幅×全高 mm 1400×620×920
ホイールベース mm 950
トレッド mm 520
最低地上高 mm 35
床高さ mm 160
乗車定員 1
車両重量 kg 65
モーター・バッテリー モーター出力 w 270
バッテリー v 12×2
性能 最高速度 km/h 6
連続走行距離 km 12
最小回転半径(前輪) mm 1800
充電時間 h 8〜10
牽引重量 kg 50

株式会社KANZACC概要

創業 1920年(大正9年)1月
資本金 7億2075万5千円
代表者 代表取締役社長 石橋久和
本社所在地 大阪市北区堂島浜2-1-9
主要製品 電線・ケーブル、めっき加工品、金属管・コルゲート
古河電工持株比率 99.9%(2015年3月現在)

お問い合わせ先

株式会社KANZACC 営業統括部 06-6345-0660