水走り防止(WBタイプ)

ファイバ・ケーブル事業部門 企画課 TEL : 03-3286-3434

製品の詳細、ご不明点は、お気軽にご相談ください。

押え巻に吸水テープを施し防水特性に優れた構造になっています。 吸水することで膨潤するパウダーを押え巻や介在に付着させた構造となっており、ケーブル内に浸水しても長手方向への送水は防止できます。

水走り防止(WBタイプ)

ケーブル断面図

ケーブル断面図

型名表示

型名表示

【解説】WB型(IF型)光ケーブルの防水特性について

仕組み
WB型(ウォーターブロック型)光ファイバケーブルでは、下図に示す方法により試験したとき、常温・初期水頭長1mで測定開始から240時間(注:仕様書にて規定)経過した後にケーブル端面露出部から水の流出が認められないことを標準としています。

製品に関するお問合せ

ファイバ・ケーブル事業部門 企画課
TEL : 03-3286-3434

ファイバ・ケーブル事業部門 技術部
TEL : 03-3286-3646

製品の詳細、ご不明点は、お気軽にご相談ください。