ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

ギガビットイーサネット対応IPsec集線ルータ FITELnet F2000 を発売
−IPsec接続1000拠点、IPsecスループット800Mbps以上で優れたコストパフォーマンスを実現−

2008年7月30日

古河電気工業は、IPsec(注1) 対応ブロードバンドルータFITELnet-Fシリーズのラインアップに、ギガビットイーサネットに対応したIPsec集線ルータFITELnet F2000 を追加します。FITELnet-F1000 の後継機種となり、2008年7月31日より発売します。

本製品は、LAN側10ポート中2ポート、WAN側2ポートがギガビットイーサネットに対応しました。さらに、ポート単位で光接続(1000BASE-SX/LX)とメタル接続(10/100/1000BASE-T)を選択でき、IP-VPNや広域イーサネットなどのさまざまなサービスに対応することが可能です。

また、最大1000拠点のIPsec接続やクラス最高(注2) の最大800Mbps以上のIPsecスループットを実現することで、大規模なインターネットVPNのセンター装置としても最適な製品です。

価格はFITELnet-F1000 から据え置きの498,000円(標準価格/税別)とし、優れたコストパフォーマンスを実現しました。

開発の背景

FITELnet F2000の写真

ブロードバンド回線サービスの普及に伴い、企業ネットワークを構築する上で、収容拠点数の大規模化やセンター側での広帯域回線の利用といったニーズが高まっております。

これらのニーズに対応するため、従来のファストイーサネット用FITELnet-F1000をベースに、ギガビットイーサネット用ハイエンドモデルFITELnet-F3000で培った技術を用いて、コストパフォーマンスに優れたFITELnet F2000を開発しました。

製品の特長

1.多彩な要望に対応可能なポート構成

ギガビットイーサネットインタフェースを計4ポート搭載し、ポート単位で光接続(1000BASE-SX/LX)とメタル接続(10/100/1000BASE-T)を選択可能なことから、様々なブロードバンド回線サービスに対応可能です。

また、LAN インタフェースとして、10/100BASE-TX ポートも8ポート搭載し、VLAN(注3)機能を適用することにより、LAN 構築時の様々な要望に対応可能です。

ポート構成

LAN側 計10ポート

光接続 1000BASE-SX/LX × 2 ポート ポート単位で選択して利用
ギガビットイーサネットインタフェース
メタル接続 10/100/1000BASE-T × 2 ポート
10/100BASE-TX × 8 ポート  

WAN側 計2ポート

光接続 1000BASE-SX/LX × 2 ポート ポート単位で選択して利用
ギガビットイーサネットインタフェース
メタル接続 10/100/1000BASE-T × 2 ポート

2.ギガビットクラスの回線を有効活用出来るスループット

IPsec 使用時に最大800Mbps 以上のスループットを実現しました(クラス最高(注2) )。高速・大容量が進む企業内通信のニーズに応え、多拠点の通信が集中するセンター拠点においても威力を発揮します。

3.センター拠点に最適なIPsec 対地登録数 最大1000拠点

最大1000拠点を1台で収容することが可能なことから、中〜大規模のネットワークをシンプルに構築 することができコストパフォーマンスに優れた製品です。また、VRRP(注4)による冗長化対応も可能なこと、 経路情報が最大20000と豊富なことからセンター装置として最適です。

4.その他

  • 標準価格:498,000円(税別)
  • 2008年7月31日発売
  • 販売目標台数は、FITELnet-F シリーズ全体で年間3万台を見込んでおります。

システム構成図

注釈

(注1)IPsec(IP security):
VPN を実現する方式。インターネットワーキングの標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)ワーキンググループにて策定された。転送データ(パケット)を暗号化、トンネリング、復号化することにより、途中経路でのデータ改竄・盗聴を防ぎ、セキュリティが確保されたバーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)を構築することができる。本文に戻る

(注2)
標準価格50万円以下、IPsec登録拠点数1000以上のルータにおいて。2008年6月現在当社調べ本文に戻る

(注3)VLAN(Virtual LAN):
FITELnet-F シリーズではポート毎にVLAN ID を割り当てる「ポートVLAN」という方式と、フレーム毎にVLAN ID を含むタグを挿入した「タグVLAN」という方式の双方をサポートしている。本文に戻る

(注4)VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol):
複数のルータを多重化するためのプロトコルで、通常は1つのルータが通信を行うが、そのルータに障害が発生した場合、別のルータが自動的に通信を引き継ぐ。本文に戻る

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり