ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

リチウムイオン電池用電解銅箔 台湾・新会社設立及び今市・能力倍増について
〜急増する電気自動車用リチウムイオン電池の需要に対応〜

2011年2月1日

当社は、台湾に本年3月、リチウムイオン電池用電解銅箔(以下、電池用銅箔)を製造・販売する新会社を設立します。投資金額は69億円、生産能力は500t/月、稼動時期は2012年9月です。
また、現在の今市工場の電池用銅箔の生産能力も、2012年3月までに現行の550t/月から約1,000t/月に増強します。
これにより、2013年7月時点での当社の電池用銅箔の生産能力を1,500t/月体制とし、世界シェア60%の圧倒的なポジション獲得を目指します。

背景

リチウムイオン電池用電解銅箔
【リチウムイオン電池用電解銅箔】

当社のリチウムイオン電池用電解銅箔は、約40%以上の世界No.1シェアを有しています。
このうちハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)などの自動車用電池向けでは、他社に先駆けて大手自動車メーカーへの納入を開始しています。
今後、携帯電話やノートパソコン等の民生用電池分野に加えて、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の急激な普及(別図)に伴う自動車用電池の需要増が予想されており、主要部材である電解銅箔の生産体制の拡充が急務となっています。

内容

そこで当社では、電池用銅箔の新拠点として、既に回路用銅箔で実績のある台湾に、本年3月新会社を設立することとしました。投資金額69億円、生産能力500t/月で、2012年9月稼働の予定です。
それとともに、現在の今市工場の電池用銅箔の生産能力を、2012年3月までに、現行550t/月から約1,000t/月に増強します。今市工場での増強は、現有設備の改造による効率化で達成します。
これにより、2013年7月時点での電池用銅箔の生産能力を、現行の約3倍となる1,500t/月体制とし、世界シェア60%という圧倒的なポジションの獲得を目指します。

新会社の概要

社名 古河銅箔股份有限公司(FURUKAWA ELECTRIC COPPER FOIL TAIWAN CO.,LTD)
場所 台湾省雲林県斗六市
事業内容 電池用銅箔の製造および販売
設立日 2011年3月
稼動時期 2012年9月
生産能力 500t/月(2013年7月)
敷地面積 40,000m2
投資金額 69億円
出資比率 当社100%出資

【別図】 電気自動車(HEV・EV)の需要予想

電気自動車(HEV・EV)の需要予想
【電気自動車(HEV・EV)の需要予想】

このページの先頭へ

本文ここまで


Bound to Innovate

ページの終わり