ページの始まり




ここから本文

OFSOFS ニュースリリース

OFS研究所、知的財産ポートフォリオに特許を追加

2012年4月26日

2012年4月26日ニュージャージー州マレーヒル- 革新的な光ファイバ網製品の設計、製造会社であるOFS及びOFS研究所は、その知的財産ポートフォリオとして「マルチモードファイバのモードコンテンツの測定」に係る特許を取得したことを発表しました。

OFSの最高技術責任者であるデイビッド・ディ・ジョバンニ(David DiGiovanni)は、次のように述べています。「OFSは、ベル研究所の伝統と遺産を継承しながら革新に取り組んできました。私たちは日々、業界の技術会議で革新的な技術を発表しています。それと合わせて、特許開発でも勢いに衰えが見られないことは、OFS研究所が革新に向けたたゆみない努力を続けていることの証でしょう。」

米国特許番号7,817,258「マルチモードファイバのモードコンテンツの測定」は、複数の空間モードを有する光ファイバの出力モードコンテンツを解析する手法に関わるものです。この手法を用いれば、光ファイバ内の共伝搬モードのインタフェースを測定し、モードのコンテンツを定量化することが可能になります。干渉を空間的に解析することにより、2つのモード間の空間的なビートパターンを画像にし、光ファイバを伝搬するモードについて情報を得ることができるのです。これは、ファイバ帯域幅を10倍に拡大するために調査が進められている次世代技術である少数モードファイバの光学特性を解明するのに役立ちます。kWクラスの産業用切断及び溶接用途向けファイバレーザ開発においても、モードコンテンツの測定は重要なツールとなります。

OFSについて

OFSは光ファイバ、光ファイバケーブル、FTTX製品、光接続製品、及び特殊フォトニクス製品の設計、製造、及び供給における世界トップレベルの企業です。我々の製造部門及び研究部門が一丸となり、様々なアプリケーションが世界中の人々や機械を結びつける際に、その間を横断する革新的な製品及びソリューションを提示します。大陸間、都市間、近隣間、そして家庭及び企業のデジタル消費者に対し、我々は適切な光ファイバ、光ケーブル、及び効率的で費用効果の高い伝送のためのさまざまな部品を提供しています。

OFSの会社としての歴史は1876年まで遡り、その中にはAT&T(ニューヨーク証券取引所:T)やルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント:ニューヨーク証券取引所:ALU)といった技術大手も含まれます。現在OFSは、光通信において数十億ドル規模の事業を有し、世界的リーダーである古河電工の所有となっています。

OFSはアメリカ合衆国ジョージア州ノークロス(アトランタ近郊)に本社を置き、コネティカット州エイボン、ジョージア州キャロルトン、ニュージャージー州サマセット、マサチューセッツ州スターブリッジ、及びデンマーク、ドイツ、ロシアに拠点を有する、世界的企業です。

OFSの詳細については、ウェブサイト(新しいウィンドウを開きます。http://www.ofsoptics.com)をご覧ください。

お問い合わせ

広報窓口

Sherry Salyer
Public Relations
OFS
shsalyer@ofsoptics.com
+1 (770) 798-4210 office
+1 (678) 296-7034 cell

このページの先頭へ

本文ここまで


ページの終わり