ページの始まり




ここから本文

OFSOFS ニュースリリース

OFS、出力範囲を拡大、効率性を改善、及び過渡応答を抑制した新しいRightWave™ EDF MP980-II製品を発表

2012年9月17日

2012年9月17日オランダ、アムステルダム、ECOC 2012スタンド335 - 革新的な光ファイバ網製品の設計、製造会社であるOFSは、多彩なRightWave™ EDFポートフォリオを展開しており、その一環として本日、新たなエルビウム添加ファイバ(EDF)MP980-II製品の発売を発表しました。この新しいMP980-II製品は、出力範囲の拡大(最大600mW)と同時に効率性の向上、雑音指数の低減、過渡応答の抑制を求めるエルビウム添加ファイバ増幅器(EDFA)をご利用のお客様からの声に応えて開発されたものです。

OFS特殊フォトニクス部(Specialty Photonics Division)、及びOFSの研究開発部門であるOFS研究所は、次世代の増幅器向けに新たなEDFの設計を続けています。OFSの製品マーケティングマネージャー(Product Marketing Manager)を務めるアヌラグ・ジェイン(Anurag Jain)は、次のように述べています。「OFSは、世界各国のお客様に将来のニーズに関する聞き取り調査を行った上で、次世代EDFのロードマップに投資してきました。MP980-IIは、その次世代EDF製品の第一弾で、当社の主力製品であるMP980の利点をすべて生かしながら、新たな要望に応えるものとなっています。EDFAメーカーはこれで、高いポンプパワーに対応できるようになり、またファイバ特性も改善されるため、これまで同様に高品質のEDFファイバを提供することが可能です。MP980の特性を維持することにより、新たなファイバに対する再認証を大幅に軽減することができます」。

EDFに関するOFSの歴史は1989年までさかのぼることができ、現在では成功を収めた主力のEDF MP980を初め、幅広いEDFポートフォリオとしてC帯域およびL帯域増幅器やさまざまな用途向けの製品を揃え、この分野で市場をけん引しています。小型増幅器の設計には80マイクロマートルのEDFもご用意し、増幅自然放出(ASE)光源、高濃度EDFおよび偏波保持EDF向け製品を中心とした多彩な品揃えとなっています。

OFSについて

OFSは光ファイバ、光ファイバケーブル、FTTX製品、光接続製品、及び特殊フォトニクス製品の設計、製造、及び供給における世界トップレベルの企業です。我々の製造部門及び研究部門が一丸となり、様々なアプリケーションが世界中の人々や機械を結びつける際に、その間を横断する革新的な製品及びソリューションを提示します。大陸間、都市間、近隣間、そして家庭及び企業のデジタル消費者に対し、我々は適切な光ファイバ、光ケーブル、及び効率的で費用効果の高い伝送のためのさまざまな部品を提供しています。

OFSの会社としての歴史は1876年まで遡り、その中にはAT&T(ニューヨーク証券取引所:T)やルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント:ニューヨーク証券取引所:ALU)といった技術大手も含まれます。現在OFSは、光通信において数十億ドル規模の事業を有し、世界的リーダーである古河電工の所有となっています。

OFSはアメリカ合衆国ジョージア州ノークロス(アトランタ近郊)に本社を置き、コネティカット州エイボン、ジョージア州キャロルトン、ニュージャージー州サマセット、マサチューセッツ州スターブリッジ、及びデンマーク、ドイツ、ロシアに拠点を有する、世界的企業です。

OFSの詳細については、ウェブサイト(新しいウィンドウを開きます。http://www.ofsoptics.com)をご覧ください。

お問い合わせ

広報窓口

Sherry Salyer
OFS Public Relations
shsalyer@ofsoptics.com
+1 (770) 798-4210

技術窓口

Anurag Jain
Product Marketing Manager
ajain@ofsoptics.com

このページの先頭へ

本文ここまで


ページの終わり