ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

3層絶縁電線(TEX®シリーズ)の中国販売会社を統合
〜中国、台湾における拡販体制をさらに強化〜

2014年7月28日

当社は、3 層絶縁電線(注1)(以下、TEXシリーズ)の市場拡大に対応するため、中華人民共和国及び台湾における販売拠点を当社グループの古河産業株式会社(以下、古河産業)へ一元化することを決定しました。この決定により、今後はグローバル顧客対応力をさらに強化し、お客様の発展に貢献して参ります。

背景

TEXシリーズは、携帯電話及びスマートフォン、タブレット端末の電源トランスに用いられ、その小型化に大きく貢献しています。これらの携帯端末は、主に世界の工場と呼ばれる中国の華南地区で製造されており、今後も更なる市場拡大と高機能化が期待されています。
従来、中国地区における当社グループのTEXシリーズ販売拠点は、香港、大陸系向けは、古河産業の子会社である古河産業(香港)有限公司(以下、FSKH社)が、台湾系向けは、当社の子会社である古河國際股份有限公司(以下、TFE社)がそれぞれ担当していましたが、昨今の急激なグローバル化の流れもあり、商流統合による効率化が必須となっていました。

新しい商流

このたび当社グループは、台湾系向けの商流を古河産業へ統合し、中国、台湾における販売体制をさらに強化します。この商流統合に先立ち、台湾ではFSKH 社が、同社の台湾拠点として、香港商古河産業股份有限公司台湾分公司(以下FSKTW)を新たに設置し、営業を開始致しました。
これにより、華南地区はFSKH 社、華東・華北地区は古河産業の子会社である上海古産国際貿易有限公司、台湾地区はFSKTWの各古河産業営業拠点が顧客対応を行い、TEXシリーズの拡販を行って参ります。TFEは今回の商流変更を機に、ヒートシンク等のサーマル製品の設計、販売に特化し、さらなる事業拡大を図っていきます。

TEX シリーズの製造拠点の状況

3層絶縁電線
3層絶縁電線

 

当社および当社子会社の古河マグネットワイヤ株式会社は、TEXシリーズの製造拠点を一昨年度からマレーシアと台湾へ移管し、昨年度よりTEX-Eシリーズの製造を海外へ完全移管しています。高品質な製品をグローバルに供給することで、今後もタイムリーな顧客対応力を強化して参ります。


(注1) 3層絶縁電線:
導体の周囲を3 層の絶縁層で形成し、安全規格の認証を受けている電線です。変圧器(トランス)の巻線として使 用される場合、1 次/2 次コイル間のバリア層が不要になるため、トランスの小型化と同時に材料費と加工費を大幅に削減できます。

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり