ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

「Top 100 グローバル・イノベーター2014」を受賞
〜特許登録の成功率とグローバル性向上が評価〜

2014年12月19日

グローバル・イノベーター 2014表彰式の写真
左:トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 取締役 棚橋佳子様
右:当社 執行役員常務 研究開発本部長 柳川久治

当社グループの研究開発活動が認められ、トムソン・ロイター社(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)が選考する、「Top 100 グローバル・イノベーター2014」に選出、12月18日にトロフィーが授与されました。

同社が定義するElectrical Products分野で選ばれた世界5社の中の1社として、当社が選出されたものです。同分野における日本からの選出は当社を含め2社でした。

当社は、本アワードの4つの評価軸のうち、特許の登録率がベースとなる「成功率」と、中国、米国、欧州、日本における特許取得のバランスをみる「グローバル性」の向上が選定につながりました。特に「成功率」は100社の中でもトップクラスのスコアでした。

当社グループでは、ビジョンとしている「技術革新を志向し創造的で世界に存在感のある高収益な企業グループへ」に基づく継続的な取り組みを展開しており、今回の受賞を契機に、さらに活動を強化し、ビジョンの実現に向けて一層邁進して行きたいと考えております。

今後も引き続き、研究開発成果を知的財産権で保護することにより事業優位構築を図ると共に、グローバル化に対応した活動の強化に取り組んでまいります。

「トムソン・ロイター Top 100 グローバル・イノベーター」について

「Top 100 グローバル・イノベーター」は、2011年よりトムソン・ロイター社が保有する特許データを基に世界的な特許動向を分析し、上位100の企業/機関を選出し表彰しています。本アワードは「数量(特許数)」、「成功率(登録数)」、「グローバル性」と、「影響力(引用数)」という4つの評価軸を基本に選定されています。

※詳細は新しいウィンドウを開きます。トムソン・ロイター社のウェブサイトをご覧ください

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり