妊娠、出産、育児、介護などの多様なライフイベントに応じた制度や、各種休暇制度、フレックスタイム制やテレワーク制度などを設け、従業員のワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の両立)の向上を目指しています。

個人別指定休日 誕生日が休日となる制度
積立休暇制度 年次定例休暇の残存日数のうち、10日を上限に積立休暇に繰り入れることができる制度(5年間有効)
連続休暇 計画的な休暇を取り、心身をリフレッシュしてもらうことを目的として、毎年3日間の連続休暇が、また勤続5年ごとに5日間の連続休暇が取得できる制度
リフレッシュ休暇 勤続満25年の従業員が14日連続以上31日連続以下の「リフレッシュ休暇」を取得できる制度
ボランティア休暇 災害支援などの際に、10日を上限として休暇を取得できる制度
フレックスタイム制度 業務の繁閑に合わせて効率的に仕事ができるよう、フレックスタイム制度を導入 
テレワーク制度 育児、介護を目的とした「在宅勤務制度」とは異なり、フレックスタイム制の適用を受けているなど一定の条件を満たせばだれでも利用可能な制度

厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」取得

古河電工は2007年より「くるみん」マークを取得し、認定事業主として積極的に子育て支援の充実に取り組んでいます。