古河電工ネットワーク機器の総合ブランド ファイテルネット
古河電工
FITELnetトップ製品ラインナップイベント&セミナーセールス&サポート
Routing to the Future FITELnet
お問い合わせはこちら
F220トップ マニュアル&カタログ ファームウェア 設定例 技術情報 コンフィグ変換ツール

コンフィグ変換ツール

2020年9月   初版
2020年11月 F70/F71を説明に追加

 F60/F200のコンフィグを、F70/F71F220/F221のコンフィグに変換します。


説明

コンフィグの変換方法は以下の@Aの方法があります。


@F60/F200のコンフィグのshow running.cfg の出力結果を貼り付ける方法
コンフィグ入力方法で"テキストボックス"を選択して、F60/F200でshow running.cfg (show working.cfg) で表示された結果をコピーし、貼り付けて[変換]ボタンを押してください。


AF60/F200のコンフィグのテキストファイルをアップロードする方法
コンフィグ入力方法で"ファイルアップロード"を選択して、F60/F200のコンフィグのテキストファイルを指定してアップロードし、[変換]ボタンを押してください。


変換結果はブラウザ上へ表示することも、ファイルとしてダウンロードすることも可能ですので、ご希望の出力先を選択してください。ブラウザ上に表示を選択した場合、上部に変換に成功した設定部分のF70/F71/F220/F221コンフィグが、下部には未サポート等の理由により変換できなかったF60/F200のコンフィグが出力されます。ファイルダウンロードを選択した場合、f220conv.txt(変換成功部分のF70/F71/F220/F221コンフィグ)とf220fail.txt(変換できなかったF60/F200のコンフィグ)がf220.zipに格納されてダウンロードされます(ファイル名に「f220」が付きますが、F70/F71/F220/F221の全てで使用いただけます)。


注意事項:

変換できるコマンドはインタフェース設定、IPsec関連設定、などになります。その他のコマンドは変換対応できておりません。詳細は変換対応表をご参照ください。
&,<,>,",' につきましては本変換ツールで未対応となり、使用することはできません。
変換対応できていないコマンドにつきましては、設定例やマニュアルを参考に設定をお願いいたします。不明点がある場合はサポートデスクにお問い合わせください。なお、動作仕様の差異により、変換前と変換後で動作が異なる場合がありますので、変換後の設定にて動作確認を実施お願いいたします。


変換後のログイン用のユーザ名/パスワードは、下記設定によりtest/testとしています。詳細はF220/F221設定例の"認証/許可の設定"をご参照ください。
 username test privilege 15 password test

内部バッファへのログ出力レベルはlogging level informationalとしていますので、必要に応じて変更してください。

ipsec access-list bypassは変換できません。また、F60/F200と異なりF70/F71/F220/F221ではIPsec使用時でもデフォルトでは平文パケットを破棄しませんので、必要に応じてaccess-listを設定してください。


変換ツール

F60/F200コンフィグデータ入力:

 ※show runnging.cfg の出力結果を入力

コンフィグ入力方法 


結果出力先:


All Rights Reserved, Copyright(C) FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 2020