FITELnet Fシリーズ
拠点向け
5Gモジュール搭載VPNアクセスルータ
FITELnet F225

標準価格 288,000円(税別)

2024年3月発売開始予定

通信事業者によるサービスの高速化やエリア拡大により、高性能・高機能・高信頼な5G通信モジュール対応ルータへの要求がますます高まっています。こうしたなか、高速データ通信サービスに対応した法人向けVPNアクセスルータFITELnet F225を開発しました。

特長

高品質な従来製品のアーキテクチャを踏襲

FITELnet F220/F221のアーキテクチャ・機能を踏襲した信頼性の高い、高機能な小型VPNアクセスルータです。FITELnet F220/F221の全ての特長を備えた製品です。

FITELnetルータ統合管理クラウドサービス「Fらくねっと®」に対応

Fらくねっと®に対応しており、装置状態やトラフィック量の監視、また、機器の設定やファームウェアの履歴管理・一括変更などを管理画面上で簡単に安全に行うことができます。

IPoEなど最新の回線サービスに柔軟に対応、国内標準プロビジョニング方式にも対応

VNE事業者各社が提供するIPoEサービスを利用して、IPv6網を介してIPv4インターネット網へ接続することが可能です。IPv6普及・高度化推進協議会で策定された「IPv6マイグレーション技術の国内標準プロビジョニング方式(HB46PP)」にも対応しており、プロビジョニングサーバーから取得した情報を使ってIPv4 over IPv6接続サービスを利用することができます。対応しているVNE事業者/サービスについては表をご参照ください。
一覧以外のVNE事業者にも順次対応を予定しております。

ご利用いただく際には、設定例をご参照ください。

VNE事業者 IPoEサービス名
アルテリアネットワークス

「クロスパス」可変IP

「クロスパス」固定IP1

「クロスパス」固定IP8/IP16

JPIX

「v6プラス」固定IPサービス

「v6プラス」IPv6/IPv4インターネットサービス

マルチキャリア対応5G通信モジュールを搭載

FITELnet F225は、マルチキャリア対応5G通信モジュールを搭載しており、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天モバイルのモバイル回線を自由に選択することができます(各社MVNO回線含む)。また、n79のバンドにも対応しているため、国内キャリアの5G回線だけでなく、ローカル5G(注1)回線でも使用できます。さらに、SIMスロットを2つ搭載しており、BCP対策(注2)として異なるキャリア回線を利用した冗長構成を確保することも可能で、将来的にはeSIMへの対応も検討しています。

(注1) ローカル5G:企業や組織が独自に構築する第5世代移動通信システム(5G)の通信回線。通信事業者のネットワークを利用せずに、自社内や特定の地域内で5G通信を実現することができます。Local 5G回線は、企業の内部通信や特定の用途に合わせた高速・低遅延の通信環境を提供することができます。

(注2) BCP(Business Continuity Planning):企業や組織が災害や緊急事態に備えて事業継続を確保するための計画や対策。

5Gによる低遅延・広帯域通信を実現

FITELnet F225では、従来製品で対応していたLTE通信に加えて、近年注目されている5G sub6通信(注3)に対応しており、低遅延・広帯域通信を実現します。これにより、ビデオチャットなどリアルタイムでの応答性を求められるアプリケーションやサービスの利用、また、高画質のストリーミングや大容量のファイルのダウンロードなどもスムーズに行うことができます。

(注3) 5G sub6通信:従来の4Gより低遅延と高い伝送速度を実現する第5世代移動通信システム(5G)の一つの通信方式。

電波状況の見える化に対応

5GやLTEの電波状況をFITELnet F225のユーザインタフェース上で確認できるほか、筐体のLED表示によりシグナルレベルを確認することも可能です。また、Fらくねっと®での電波情報表示にも対応しています。

仕様

項目 FITELnet F225
インタフェース LAN スイッチングHUB (10/100/1000BASE-T ×8)
EWAN 10/100/1000BASE-T ×2 (オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動切換)、1000BASE-SX/LX/PX-U ×1(注1)(注2)(注3)

(注1)10/100/1000BASE-Tと排他利用です。

(注2)SFP(miniGBIC)はオプションです。

(注3)1000BASE-PX-Uは小型ONU(東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社の提供する光回線終端装置)です。

管理用ポート -
SIM 2スロット
LTE 内蔵マルチキャリア5G通信モジュール
無線LAN -
インタフェース(USB)   USB3.0 × 2
・モバイル端末
・BRI(USB-TA)

FS040U, A002ZT,UX302NX-R

(注) BRI(USB-TA)未サポート

サポートプロトコル IPv4/IPv6
ルーティングプロトコル スタティック、RIPv2、BGP4、OSPFv2、BGP4+、OSPFv3
ルーティングテーブル

10,000(スタティック5,000)

(注) (IPv4とIPv6の合計値)

ARPテーブル数 10,000
BGPピア数 100
PPPoE ○(24セッション、再接続機能、PPPoEパススルー機能)
データコネクト 同時接続数(最大チャネル数) 10
接続方式 IPsec(IKEv2)
マルチダイヤル -
課金制御 〇(累計送受信パケット数)
RADIUSサーバ認証 〇(着信時のみ)
Loopbackインタフェース 100
マルチキャスト IPv4マルチキャスト
DHCPv4 サーバ、クライアント、リレーエージェント
DHCPv6 サーバ、クライアント、リレーエージェント
冗長機能 VRRP
イベントアクション
ICMP監視機能の監視先数 100
自律監視機能の監視項目 CPU使用率、メモリ使用量、内部温度、故障検出機能
BFD -
ファイアウォール パケットフィルタリング ○(アドレス、プロトコル、ポート番号、インタフェース)
学習フィルタリング ○(250,000セッション)
アドレス変換(NAT) NAT、NAT+(PLUS)、NATスタティック、NAT+(PLUS)スタティック、VRF Aware NAT
NATテーブル数 250,000セッション
MACフィルタ機能 〇(16,000エントリ)
ポリシールーティング ○(宛先FQDN指定可能)
ドメイン名ルーティング
ローカルブレイクアウト DNSベース
  TCPベース
QoS クラス識別(IPフレーム) アドレス、プロトコル、ポート番号、受信インタフェース、Precedence/ToS/DSCP/TC、フローラベル
クラス識別(Etherフレーム) MACアドレス、VLAN-ID、802.1Pプライオリティ、受信インタフェース
アクション Precedence/DSCP/TC指定、802.1Pプライオリティ指定、送信キュー指定、廃棄指定
キューイング/帯域制御/優先制御 CBQ/PRIQ
受信フレームの優先制御クラシフィケーション

(注) LANインタフェースに限る

802.1Pプライオリティ、受信インタフェース
その他 フレーム長補正
VLAN ポートVLAN 10VLAN
タグVLAN 最大120VLAN(注)

(注)ポートベースVLANとタグVLANの合計数です。

VRF 120
ダイナミックDNS サーバ機能
クライアント機能
リンクアグリゲーション機能 スタティック
LACP -
NTPサーバ ○(IPv4/IPv6)
SNTPクライアント ○(IPv4/IPv6)
sflow Agent
VPN(MPLS) サポートプロトコル -
ラベルパス -
EVPN -
Segment Routing -
VPN(IPsec) プロトコル IPv4 over IPv4、 IPv4 over IPv6、IPv6 over IPv4、IPv6 over IPv6
カプセル化方式 ESPトンネルモード、トランスポートモード
暗号化方式 DES、3DES、AES(128,192,256)、NULL
ハッシュ方式 MD5、SHA-1、SHA-2、NULL
AEAD方式 AES-GCM(128,192,256)
DH グループ1,2,5,14,15,16,17,18,19,20,21
鍵交換 IKEv1、IKEv2
PKI RSA/ECDSA Signature (X.509V3)、CRL
IPsec HA -
IPsec冗長 ○(経路による冗長)
IPsec負荷分散
PFS
NAT-Traversal ○(IKEv1/IKEv2 draft-ietf-ipsec-nat-t-ike-00、02、03、RFC3947)
MPSA機能 ○(client/Controller機能 128対地)
対地登録(peer)数 128
トンネル(selector)数 128
トンネリング機能 IPinIP(v4/v4,v4/v6,v6/v4,v6/v6) 100トンネル
GRE 100トンネル
EtherIP 100トンネル(MAC学習機能あり)、
インターナルブリッジ数100
L2TPv3
L2TPv2 over IPsec 100
MAP-E 〇 ( v6プラス、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクトサービス(IPoE) )
VXLAN -
保守運用機能 SSHv1、SSHv2、SCP、SFTP、TELNET、FTP、SNMP、SYSLOG、自律監視機能
クラウドサービス「Fらくねっと」対応  
ログ syslog, eventlog, command-log,
event-action log
装置内メモリ保存(RESET時は保持、電源OFF時は消去)、SYSLOG送信
ファームウェア/コンフィグ ファームウェア2面/コンフィグファイル保存、USBメモリからの自動インストール機能
LXCアプリケーション (コンテナ)
FCA(flexible core assign) -
CONSOLEポート 1ポート(RJ-45)
電源 電圧 AC100〜240V(注)、50/60Hz 内蔵

(注)本体同梱の電源ケーブルは定格AC100V〜125Vです。AC200Vでご利用を希望される お客様は、弊社にお問い合わせください。

消費電力 30W(データ通信モジュール、小型ONU非搭載時)
発熱量 25.8kcal/h
冗長 -
環境条件(動作時) 温度:0〜50℃
湿度:15〜85%(結露なきこと)
省電力 未使用ポートのシャットダウン(GigaEthernet)
温度センサ 吸気温度、筐体内温度、SFP近傍温度
放熱 強制空冷(FAN1基)
温度による回転数調整機構
EMI VCCI ClassA
盗難防止 セキュリティスロット、SIM盗難防止用カバー(F221)
外形寸法 205(W)×280(D)×42(H)mm (突起物または台足を除く)
質量 2kg 以下(F220) 、 2.1kg 以下(F221)
認定番号 D19-0084001
LM19-0007
RoHS指令対応
標準価格(税別) 288,000円

外観

前面

背面