古河電工の
耐熱絶縁
ポリイミドチューブ

古河ポリイミド・チューブは、
有機材料の中で最高クラスの耐熱性
および優れた化学特性を有するポリイミド樹脂を、
一体成型したシームレスチューブです。

最高クラスの耐熱性

常用で220℃、短時間なら400℃にも耐えます(熱硬化性のため、800℃以上では炭化します)。炎を上げない自己消火性を備え、有毒性ガスを発生しないため安全面でも優れています。

UL認証取得 No.E58401

(注:品名PIT-Sのみ)

極めて薄い肉厚

引っ張りに強く腰のある素材のため、内径0.08mm×厚さ0.013mmの細径チューブからラインナップしています。

狭いスペースでの配線を必要とする電子機器などにもお使いいただけます。

多岐用途に対応する優れた特性

ポリイミド樹脂はアルカリ以外の薬品や放射線に強い性質を持ち、接着性にも優れます。

RoHS指令にも対応済です。

良好な作業性

腰が強く、滑らかで摩擦が少ない樹脂のため、線通し作業が手早く簡単にできます。

はんだ付け作業も可能です。

(注) 本製品は、医療用部材としては適当ではありません。
人体、体液、医薬品などに直接触れる用途、またはその可能性のある用途には使用できません。
医療用途には医療用に開発されたVASCULEXをご検討ください。
医療用ポリイミドチューブ「VASCULEX®」

耐熱絶縁ポリイミドチューブに関するお問い合わせ