超電導技術を活用し、安全・安心・快適な社会の実現に貢献

超電導技術はMRIやNMRなどのライフサインス分野を中心に実用化が進み、より高度なシステムを目指して開発が進展しています。また大型加速器や核融合などのエネルギー分野では、将来の実用化に向けて大型の開発プロジェクトが進行しています。

当社は低温超電導技術と高温超電導技術の両方を持つ世界的にも稀有な企業として、超電導技術を用いたより高度なシステムを実現する為、新しい機能や高品質の超電導線材の開発と製造に取り組んでいます。

我々のミッション

安全・安心・快適な社会、持続可能な社会を実現する為、超電導技術を用いたブレークスルーが必要になっています。これを支える高性能な線材を提供するべく、古河電工グループの金属や有機材料技術、金属加工や薄膜形成、表面処理などのプロセス技術、更には極低温での評価技術や高度な分析技術を結集し、ユニークな製品の開発を進めています。

主な研究テーマ