未来への光・エネルギー技術を育む

「情報通信・エネルギー研究所」は、情報通信とエネルギー関連社会インフラの高度化をめざし、光ファイバ、光デバイスから光サブシステムにわたる情報通信関連分野、および電力ケーブル絶縁技術、接続技術、海洋エネルギー開拓などのエネルギー関連分野の総合的な研究開発を行っています。

この研究で生み出された先端技術が、世界中に広がる光ファイバ通信ネットワークの構築のみならず、スマートグリッドやスマートコミュニティーといった新エネルギーや新インフラストラクチャー、更には産業エレクトロニクスや民生分野にまで広く貢献しています。

研究所長メッセージ

当研究所では、大容量かつ低遅延の情報通信と、グリーンイノベーションの進む電力網のインフラストラクチャーの根幹を支える技術開発に取り組んでいます。

研究開発テーマは光電融合デバイスと実装技術、超低損失光ファイバ、広帯域光増幅器、産業用高出力レーザ、通信ケーブル用被覆材料、電力ケーブル絶縁材料、接続材料など広範囲に及びます。

当社が世紀を超えて培ってきた素材力を核とした技術と革新的なアイディアに基づく新製品を絶え間なく生み出し、当社が理念として掲げる、「真に豊かで持続可能な社会の実現」に貢献いたします。

情報通信・エネルギー研究所
所長 黒部 立郎

主な開発テーマ

大容量通信・スマートインフラ

  • 光ファイバ/関連技術
    • 超低損失光ファイバ
    • マルチコア光ファイバ
    • 光ファイバ増幅技術
    • 光ファイバセンシング技術
  • ケーブル被覆材/関連技術
    • 次世代架橋技術
    • 環境対応各種ケーブル材料
    • 軽量アルミ導体ケーブル絶縁技術
    • 通信ケーブル用被覆材料
    • 電力ケーブル絶縁・接続技術
  • 海洋向け各種応用ケーブル
  • 光通信用デバイス/関連技術
    • 超高速、超小型ITLA
    • 光電融合技術
    • 光導波路技術
  • 産業用レーザシステム/関連技術
    • 高出力ファイバレーザ
    • 高出力半導体レーザ

研究開発に関するお問い合わせ