ページの始まり




ここからカテゴリ内メニュー

カテゴリ内メニューここまで


ここから本文

ヘッダー工法

ヘッダー工法のイメージ配管図

給水用・給湯用のヘッダーを設置し、ヘッダーから一括分岐します。

ヘッダー工法のイメージ配管図

特長

  • 衛生・安全性

    配管材は、「架橋ポリエチレン管=キュアレックスWSS」ですので、スケールが付着し難く、錆びないので、赤水の発生もありません。また、配管材自身の腐食による漏水トラブルもありません。クリーンな水を提供できます。

  • 耐久性

    配管材は、キュアレックスWSSを使用していますので、長期間にわたり優れた耐熱性・耐久性を保ちます。

  • 快適性

    「ヘッダー」で分岐するため、在来工法に比べて、複数の水栓を同時使用したときの流量変動が小さく、バランスの良い流量を提供します。また、キュアレックスWSSの熱伝導率が小さく、さらに配管長が短くなるため、湯待ち時間が短縮できます。

  • 施工性

    施工は、熟練工や特殊な工具機械を使いません。また、ネジ切り、溶接、接着など従来の特殊な作業も、必要ありません。
    キュアレックスWSS・さや管は、金属管より軽く、長尺、可とう性があるので、取り扱いが容易です。さらに、接続箇所がヘッダーと水栓側の2カ所と少ないので作業時間が短縮できます。

  • 更新性

    さや管ヘッダ工法では、さや管の中にキュアレックスWSSが入った二重構造になっていますので、万が一の補修やメンテナンスなどで配管の更新が必要な場合でも、床や壁の造作、或いは、建築躯体などを壊さずに「さや管」の中の「キュアレックスWSS」を引き替える作業で済みます。

このページの先頭へ

本文ここまで


ここからサブカテゴリメニュー

サブカテゴリメニューここまで


創業130周年

ページの終わり