今までなかった樹脂のチャンネルが新発売!

これまでは樹脂管の施工に金属製のチャンネル部材が使用されてきましたが、現場での電動工具による切断作業や、切断時のバリ取り、切断箇所への保護キャップの取付け、金属の防錆処理が必要なことから、施工の安全性と省力化が求められていました。

樹脂製チャンネル部材“プラチャン”は、軽量で錆びないDCクリップ専用の施工部材であり、プラフレキタフストなどの弊社製PF管と組み合わせて使うことで、色調や外観、仕様の統一ができ、簡単かつ安全な施工が可能となります。さらに塩害が想定される地区や、短期間施工が必要な工事など、防錆性や省施工性を特長として多くの用途でご使用いただけます。


特長

連結可能!

製品同士が連結できることにより、製品の追加による延長が可能です。
〈連結手順〉
端部の凹凸を嵌め合わせ、グイっと押し込むと連結できます。

DCクリップの仮止め可能!

DCクリップをチャンネルに仮止めすることで、両手がフリーな状態での配管固定作業が可能です。
〈DCクリップ仮止め手順〉
開口部からDCクリップを入れ、手前に引っ張ると仮止めできます。

錆びない!

樹脂製で錆びないため、防錆目的の塗装やめっきが不要です。

軽い!

1個あたりの質量が50gであり、金属製品の約3分の1と軽量です。

脱落防止機構付き

脱落防止機構により、配管のズレなどによってパイプやクリップが脱落する心配がありません。

バリ取り、端末保護キャップ不要

金属製品を切断時に必要であったバリ取りや端末保護キャップの取り付けが不要です。

屋外使用OK!

耐候性に優れているため、屋外での使用が可能です。

取付方法

①壁面に応じ、プラチャンをアンカーボルト(M10またはW3/8)やコンクリートビス(φ5)などで取付けます。
②DCクリップの両端を持ち、サイズ表記がある面を引き寄せて分割します。
③プラチャンの開口部からDCクリップを入れ、手前に引っ張り仮止めします。
④プラフレキをDCクリップの間にセットします。
⑤2つのクリップを引き寄せるように手できつく締め込んでください。
⑥最後にプラフレキがしっかり固定されていることを確認してください。

解除方法

DCクリップを解除する際は、図のようにマイナスドライバーなどを利用して、クリップの爪部を押し広げて外します。

プラチャン 本体仕様

PFD、PFS、PFTおよびDCクリップ専用チャンネルになります。

品番 標準価格(円/本) 梱包数(本/袋) 寸法(mm)
グレー アイボリー L H W1 W2
PF-D1CH PF-D1CH-1 258 10 100 30 40 20

(注)吊り、ラック用途での使用はできません。

許容静荷重

配管一本固定した場合
(配管サイズ:φ16~54)

配管二本固定した場合
(配管サイズ:φ16,22)

CADデータ、仕様書

サポート情報にログインしていただくとCADデータ、仕様書をダウンロードできます。サポート情報

注意事項