ケーブルの地中埋設管を推進

エフレックスは「波付硬質ポリエチレン管(FEP)」で、1967年に誕生しました。
ケーブルを地中埋設する際の保護管として使用されます。

JIS C3653管路式の管

(波付硬質合成樹脂管)

※各種仕様書、性能資料、CAD図については、技術サポートページよりダウンロードが可能です。

特長

仕様

品番 標準価格
(円/m)
外径
(約mm)
内径
(約mm)
ピッチ
(約mm)
参考質量
(約kg/m)
把巻き標準条長
(m)
把巻き標準寸法
外径×幅(約m)
FP-30 790 40 30 10 0.2 300 1.2×0.5
FP-40 860 54 42 13 0.3 200 1.5×0.65
FP-50 1,030 65 50 17 0.4 200 1.6×0.7
FP-65 1,250 85 66 21 0.6 100 1.6×0.65
FP-80 1,640 102 80 25 0.7 100 1.7×0.7
FP-100 2,250 130 100 32 1.0 100 2.0×0.8
FP-125 3,470 160 125 39 1.5 50 1.6×1.2
FP-150 4,420 189 150 47 2.0 50 1.8×1.3
FP-200 6,070 253 200 55 3.5 40 2.25×1.1

(注)お求めいただく場合のエフレックスの呼び径は、中に収める電力ケーブルの仕上がり外径の約1.5倍、2条以上の場合は外接円径の約1.5倍の内径のものを選択してください。なお、ケーブル引き入れ時にプーリングアイなどの大きさも配慮してください。(通信ケーブルは仕上がり外径の約2倍、多条の場合は外接円径の約2倍の内径のものを選択してください。)

(注)乱尺のご注文も取り扱っておりますが、標準条長以上のものは輸送制限の関係上ご要望にそえない場合があります。

(注)把巻き標準寸法は都合により変更する場合があります。

長期間ケーブルを引き入れない場合は、パイロットワイヤは腐食しますので使用環境や状況に合わせてプラスチック呼び線などに引き替えてください。
ケーブル引き入れの際には、パイロットワイヤを引き込み用の呼び線に引き替えてください。
管内部に大量に水が浸入してくる現場での使用はお控えください。
他社製品と組み合わせて使用した場合は、弊社では保証しかねます。

布設時の注意事項

詳細に関しては、技術サポート情報のエンジニアリンク資料の中に施工要領書「エフレックス布設作業工法書」を用意しておりますので、ご用命ください。

エフレックス システム図

エポキシパテ エフライト フタ付ベルマウス 防水栓 防水キャップ 標識テープ 異種管継手 エフレックスクランプ 直線継手ハイジョイントアクア ベルマウス アクアコネクター 管路口防水材料 ヘキメンアクア 緩衝パイプ/不等沈下対策部品 直線継手アクアフィット エフレックス

エフレックスのよくあるQ&A集

電線ケーブル用可とう管路材に関するお問い合わせ