「みちてんアシスト」は、現場と事務所の両方で作業を効率化する、現場目線で作り込んだ支援ツールです。

タブレットアプリのAR(拡張現実)機能で点検対象物を簡単に特定し、事前に読み込んだ過去の点検データと比較しながら効率よく点検を実施。撮影した記録写真は点検箇所ごとに自動振り分けが可能で、国土交通省が定めた記録様式のExcel点検表を短時間で簡単に作成できます。

従来との比較

点検表の束と照合しながら点検

タブレットのARアプリで身軽に点検

点検表編集・完成

点検結果と写真を手作業で整理

点検結果と写真を自動で整理

システムを用いた点検の流れ

ステップ1 踏査

事務所

準備

  • 業務番号の設定
  • 過去点検表読み込み
  • 特記事項の設定など

現場

  • ARで対象施設の特定
  • 該当点検表の呼び出し
  • 位置情報更新/新規登録
  • 全景・基部写真撮影
ステップ2 本点検

事務所

整理

  • 点検表編集・データ入力
  • 地図挿入/更新

現場

  • ARで対象施設の特定
  • 該当点検表の呼び出し
  • 写真撮影(デジカメなど)
  • 損傷程度などの記録
ステップ3 点検表完成

事務所

  • 点検表編集・データ入力
  • 地図挿入/更新
  • 写真振り分け・選択
  • 点検表の完成 Excel出力

みちてんアシストの特長

事務所

  • 点検写真を自動で振り分け
  • 一瞬で地図を挿入(国土地理院)
  • 国交省の点検記録様式に対応

現場

  • AR(拡張現実)機能で対象物を楽に特定
  • 正確な位置情報を素早く登録
  • タブレットに過去点検表を読み込みペーパーレスで点検実施

みちてんアシストの基本仕様

  • 国土交通省の「附属物(標識、照明施設用)点検記録様式」に完全対応
  • ポンチ絵挿入、写真帳出力、任意の地図画像取込など、充実した点検表編集機能
  • タブレット(iPadOSまたはAndroid OS)に過去点検表を読み込みペーパーレス点検実施
本システムは中電技術コンサルタント株式会社のご協力を頂き開発いたしました。

システムの構成

機材仕様

事務所

事務所PC

Microsoft Office 2010 以降
.net Frameworks 4.6.x
Windows 7 以降
インターネット接続環境が必要

現場

タブレット端末

iPadOS 13.0以降
Android 6.0以降
メモリ:2GB以上
ストレージ:16GB以上
ディスプレイ解像度:1280×800以上
センサ:地磁気(電子コンパス)・加速度

GNSS受信機

GISデータ収集用GNSS受信機
(株)ニコン・トリンブル Trimble R1
GNSS :GPS、GLONASS、Galileo、北斗、QZSS
Bluetooth:Class2(10m)

みちてんアシストのタブレット上の画面例

みちてんアシストのご紹介動画

英語版

導入事例

  • 日光市様との官民連携事業にて、市道全域1,450kmを巡回車で走破し、道路標識938基の点検表を全数整備しました。施設種別・測位情報・所在地・全景写真・地図の基本情報が入力された点検表を作成するまでの時間を、「みちてんスナップ」利用と従来の手作業に基づく方法で比較した結果、作業時間が10分の1に大幅短縮される効果が実証されました。
  • 宇都宮市様と、「みちてんスナップ」および「みちてんクルーズ」を用いた「道路の小規模附属物の点検業務の効率的な実施に係る実証実験」を実施しました。道路管理者が有す点検作業の知見・ノウハウをもとに主要な市道100kmほどの動画データを解析した結果、国土交通省の小規模附属物点検要領(「点検要領」)が定める「巡視」および「中間点検」の一部に対応できることを確認したほか、「中間点検」の業務量を削減できる可能性も確認しました。今後も道路管理者の課題解決に向けて技術開発を進め、道路維持管理業務の効率化、高度化に貢献してまいります。
  • 「みちてんスナップ」道路管理者様及び点検業者様にて全国30件以上の導入実績あり。
  • 「みちてんアシスト」点検業者様にて20件以上の導入実績あり。

製品カタログのご請求、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

「みちてん」は古河電気工業株式会社の登録商標(第6406311号)です。