巡視業務をデジタル化

「みちてんクルーズ」は、道路巡回車に取り付けたドライブレコーダーの走行動画から、点検表の記載情報に基づき、あらためて道路附属物の動画をコンパクトに切り出しデータ化。道路附属物の日常巡視を強化し、効率的、合理的な予防保全を実現します。

道路附属物の巡視業務で
こんなお困りごとありませんか?



  • ステップ1

    動画撮影

    ドライブレコーダーを巡回車等に載せて対象道路を走行

ステップ2
  • ステップ3

    解析

    過年度点検表または施設台帳の情報に基づき、走行動画から道路附属物が映る箇所だけを自動抽出しデータ化

  • デジタル巡視

    専用の閲覧ソフトを使い、デジタル巡視データを事務所でじっくり確認

みちてんクルーズの特長

  • 巡回中の限られた時間で生じてしまう見落としを回避
  • 過去の静止画・動画データとの比較により変状を早期に発見
  • 点検表や台帳を基に自動抽出するので抜け漏れ無し
  • 詳細点検の前に、劣化程度に応じてスクリーニングができる

みちてんクルーズの閲覧ソフト

みちてんスナップおよびみちてんクルーズの出力データを読み込み、リストから切り出した動画データを表示。

過去データとじっくり比較し、劣化・損傷の程度を記録できます。

閲覧ソフトでの巡視作業(イメージ)

導入事例

  • 日光市様との官民連携事業にて、市道全域1,450kmを巡回車で走破し、道路標識938基の点検表を全数整備しました。施設種別・測位情報・所在地・全景写真・地図の基本情報が入力された点検表を作成するまでの時間を、「みちてんスナップ」利用と従来の手作業に基づく方法で比較した結果、作業時間が10分の1に大幅短縮される効果が実証されました。
  • 宇都宮市様と、「みちてんスナップ」および「みちてんクルーズ」を用いた「道路の小規模附属物の点検業務の効率的な実施に係る実証実験」を実施しました。道路管理者が有す点検作業の知見・ノウハウをもとに主要な市道100kmほどの動画データを解析した結果、国土交通省の小規模附属物点検要領(「点検要領」)が定める「巡視」および「中間点検」の一部に対応できることを確認したほか、「中間点検」の業務量を削減できる可能性も確認しました。今後も道路管理者の課題解決に向けて技術開発を進め、道路維持管理業務の効率化、高度化に貢献してまいります。
  • 「みちてんスナップ」道路管理者様及び点検業者様にて全国30件以上の導入実績あり。
  • 「みちてんアシスト」点検業者様にて20件以上の導入実績あり。

製品カタログのご請求、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

「みちてん」は古河電気工業株式会社の登録商標(第6406311号)です。