情報通信

マルチメディア時代に応える最先端の光技術。
高度情報化社会の中枢を多面的に支えています。

グローバルコミュニケーション時代とでもいうのでしょうか。インターネットがワールドワイドに張り巡らされ、世界の様々な情報がオフィスはもちろん家庭でもリアルタイムに入手できる環境が整ってきました。こうした高度情報化社会の中、価値ある情報を誰もが快適に利用できるキーテクノロジーが、光・情報システムです。古河電工は、光ファイバ網を一般家庭にまで張り巡らせようという「FTTH」プロジェクトを実現する多彩な技術と製品の提供により、理想のコミュニケーション基盤をしっかりと支えています。
また、2001年にはルーセントテクノロジー社の光ファイバ部門を古河電工グループに加え、様々な先進技術の集約により、光ファイバ、光ファイバケーブル製造における世界トップレベルのグループとなりました。古河電工グループは、今後も更に世界市場進出への取り組みを続けていきます。

エネルギー

省エネルギー・環境保全という時代の要請に応えながら、
トータルな技術で、高度な電力ネットワークを構築します。

毎日の生活や産業にとって必要不可欠なエネルギー、電力。古河電工では、発電所から、暮らしのすみずみまでに電力を送り届ける「送電システム」や「配電ケーブル」を通じ、増大し続ける電力需要に応えています。また、省資源・環境保全という時代の要請にも積極的に対応、次世代エネルギーとして注目される超電導技術や太陽光発電システムなど、多彩な先端技術で社会に貢献しています。

自動車

テーマは、安全性、快適性、そして環境との調和。
輸送の可能性に、トータルテクノロジーで挑戦しています。

自動車から鉄道車両、船舶、航空機、HIIロケットにいたるトランスポーテーション分野でも、古河電工は独自の素材技術、エレクトロニクス技術、メカトロニクス技術を融合し、快適な輸送環境を形づくる様々な製品を開発しています。特に、自動車関連では、ワイヤハーネスをはじめとする各種エレクトロニクス部品、アルミボディ材を提供、さらにITSシステムなどの先進技術にも挑み、自動車産業になくてはならない存在として、その地位を強固なものにしています。

電子部品

進化し続ける半導体とその周辺技術が
エレクトロニクス産業の新たな可能性を増幅させています。

小型化・高性能化が進むエレクトロニクス製品。それを支え、発展させているのが半導体です。わずか数ミリ四方のチップの上に数十万から数千万の電子素材が組み込まれ、凝縮された情報が処理されていくLSIの世界。古河電工は、この半導体分野において、化合物半導体の素材からデバイスまでを開発。また、半導体周辺を高密度に実装する多彩な製品、マイクロプロセッサの冷却に不可欠なヒートパイプなど様々な製品を送りだしています。その一つひとつに、長年培ってきた様々な技術が融合されています。

建設・建築

先進の素材技術・加工技術を統合させながら
都市やビル、住宅のアメニティ環境を創造します。

人間にとって快適な空間とは、どんなカタチをしているのでしょうか。例えそれが都市であってもビルであっても、そのコンストラクションに必要とされるものは、ヒューマンな視点と、理想を実現する高度な技術といえるかもしれません。古河電工は、これまでに蓄積してきたあらゆる技術を応用しながら、快適生活を支える様々な製品を開発してきました。建築材料から電線管路材、防災製品、さらには一般住宅の設備機器まで、その一つ一つに暮らしの機能と環境との調和をめざす古河電工の理想が息づいています。

新事業・開発品

安心・快適で持続可能な社会の実現をめざし
培ってきた素材力で次世代新事業を生み出していきます。

精銅と電線を発祥とする古河電工は、「日本を明るくしたい」という創業者・古河市兵衛の起業精神を継承しながら、1世紀以上にわたり社会に貢献する技術と製品の開発に邁進してきました。光通信で極めた光ファイバ技術は、センサや機能部品として、自然災害予知や高機能医療用分析装置、産業用高精度加工レーザなど、従来製品の課題を克服する技術として大きな注目を集めています。1960年代にスタートさせた超電導技術も最先端科学への貢献、医療装置の進歩などに大きく貢献しており、応用分野の拡大に期待がかかります。古河電工は、今後も世界最先端の技術力を深化させ、付加価値の高い製品を提案し続けていきます。

次世代新事業の育成

社会の変化に対し、これまで培ってきた技術を応用し、これからの社会を支えるさまざまな事業に取り組んでいます。

自動車のグリーン化

輸送機器分野におけるエネルギー問題やCO2排出量の増大などの解決に向けて、当社グループは、独自の素材力を駆使し、自動車部品の軽量化やエネルギー効率の改善など、自動車のグリーン化を進めています。

電力インフラのスマート化

当社グループは、長年にわたり電力の伝送に関わるインフラストラクチャー(生活基盤)の構築に携わってきました。その電力インフラ事業で培った技術力を活かし、エネルギーを効率的に活用するスマートグリッド社会の実現に貢献します。

通信インフラの大容量化

世界のデータ通信量は年率40%の割合で増加していくと予測されており、今後も光通信技術を駆使した通信ネットワークの大容量化が必要とされています。当社グループは、最先端のフォトニクス技術を駆使した高機能部品を開発し、通信インフラの大容量化に貢献しています。