ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

光ファイバを用いた海洋観測システムの実証実験に成功

2015年7月27日

1. 高精度光ファイバ水位センサを利用した海水温、潮位のリアルタイム計測

センサ等の特長

今般、函館市国際水産・海洋総合研究センター隣接の北護岸突端において実証試験を行った結果、センサに電源を必要としないことを特長とした光センサを利用し、海水温、潮位(水深)の連続測定に関し、海中における利用を実現しました。

海中におけるセンサの利用に関しては、電食による腐食の恐れがありますが、防食板の利用により、これを克服しました。また、光ケーブル、センサの設置技術の確立により、長期間安定した計測を可能としました。

光センサ 海中設置状況の写真
光センサ 海中設置状況

計測結果

計測結果については、気象庁の潮位データ、各種計測器との比較により、精度が確保されていることを確認しました。

今後の利用等

今後は、水産(養殖)施設、港湾施設などにおける利用、応用などにより、効率的な漁業、防災・減災への利用などが期待できます。

2. 光給電システムによる電源供給と多項目水質計による連続モニタリングシステムの開発

システム等の特長

光給電システムの写真
光給電システム

光給電システムはレーザー光を電力に変換するもので、光ファイバを用いた電力の供給を可能にします。一方、一回線で送れる電力は、75mWと微量であるため、従来の電気式センサをそのまま駆動することは困難でした。

今回、光給電システムにより供給される電力を一定量まで蓄え、所定の間隔でセンサを起動させるとともに、光モデムに給電するシステムを開発しました。

観測結果

観測結果は、光モデムにより変換され、光ファイバにより離れた場所まで伝送可能であり、海水温はもちろんのこと、海中の水素イオン濃度(pH)、溶存酸素濃度(DO)、塩分などの水質観測結果を遠隔地から連続的に監視することを可能としました。

今後の利用等

長期に渡る観測結果から、海流、水温、気象状態などが水質に与える影響を明らかにするとともに、養殖施設などにおける水質変化の予測を可能とし、斃死の回避などの効果が期待できます。

3. プロジェクト参画会社

東日本電信電話株式会社
古河電気工業株式会社
日本コムシス株式会社 北海道支店
株式会社エコニクス

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり