ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

栄星電線工業(台湾)との協業を加速
〜高機能エナメル線のグローバル製造能力を増強〜

2015年8月25日

当社及び当社子会社の古河マグネットワイヤ株式会社(以下FMGW)は、栄星電線工業股份有限公司(FMGW21.15%出資、以下JSW)における高耐熱細物平角エナメル線(以下リボン線)、車載用細物丸エナメル線の製造設備の増強を決定しました。今後とも需要動向を見極めながら、同社との戦略的協業体制を加速してまいります。

背景

1. リボン線

リボン線は、導体形状が平角で帯状の耐熱細物エナメル線です。当社のリボン線は、通常のエナメル製造では製造が困難であったコーナー部を含めて、均一な形状でかつ高耐熱の絶縁特性が特長であり、スマートフォンやタブレット端末等の小型化、低背化、高機能化に大きく貢献しています。

2. 車載用細物エナメル線

車載リレー等の重要部品に使用される細物丸エナメル線は、一般的な性能の他に絶縁性能、寸法等の特性について、全長にわたる保証が必要である等の極めて厳格な特性が求められています。当社グループでは、車載リレー用エナメル線のトップメーカーとして、高品質・高信頼性の細物丸エナメル線の製造と開発に取り組んでまいりました。

内容

リボン線の写真
リボン線

このたび当社及びFMGWは、JSWとの戦略的な協業体制をさらに加速し、JSWでのリボン線、車載用細物エナメル線の製造体制の増強を決定しました。

昨今のリボン線の旺盛な需要は当初計画を大幅に上回る状況であり、当社グループでは、自社内の製造能力を増強して対応をしていますが、供給が追いつかない状況です。すでに当社グループとJSWは、リボン線に関する製造ライセンス契約を締結していますが、この協業をさらに加速し、当社グループの製造能力を超える分に対し、JSW台湾工場で対応すべく、製造能力を順次増強してまいります。

また、当社グループはJSWに対して、車載用細物エナメル線の製造技術移管を実施し、特性や品質保証面で日本国内製造品と同等レベルとなる高品質な製品の製造を実現しました。既にJSW中国工場(広東省東莞市)には一般用細物丸エナメル線の委託生産を実施していますが、昨今の需要拡大に対応するべく、同工場においても、車載用細物エナメル線の製造を決定しました。

今後とも当社グループは、世界トップレベルの高品質・高信頼性製品をグローバル拠点で供給し、各種エレクトロニクス製品、自動車のさらなる高性能化に貢献してまいります。

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり