ページの始まり






ここから本文

ニュースリリース

高出力レーザ・ダイオード・モジュールの合弁会社を設立

2015年8月4日

ファナック株式会社
古河電気工業株式会社

ファナック株式会社(社長;稲葉善治以下、ファナック)と古河電気工業株式会社(社長;柴田光義以下、古河電工)は、産業用光ファイバレーザ(以下、ファイバレーザ)の基幹部品である高出力レーザ・ダイオード・モジュール(以下、LDM)の開発、製造を行う新会社を7月31日に設立しました。

背景

両社は、切断や溶接用途として、金属加工分野で急速に普及が進んでいるファイバレーザの基幹部品であるLDMの合弁会社設立に2015年4月に上期中の設立で基本合意し、準備を進めてきました。合弁会社には、ファナック、古河電工が各50%出資し、両社から役員を選任しています。

内容

FFレーザ株式会社は、ファナックの自動製造技術、古河電工の高出力半導体レーザ技術という両社の技術力を融合し産業用高出力LDMの量産に邁進するとともに、LDM高出力化を目指します。

合弁会社設立期日 2015年7月31日

新会社概要

社名 FFレーザ株式会社
英文 FF Laser Corporation
資本金 450百万円
出資比率 ファナック50% / 古河電工50%
所在地 本社: ファナック本社工場敷地内
山梨県山中湖村
営業開始 2016年4月(予定)
代表者
役職氏名
代表取締役社長 西川祐司
(ファナック 執行役員FA事業本部レーザ研究所長)
代表取締役副社長 塚本英俊
(古河電工 情報通信ソリューション統括部門 ファイテル製品事業部門 半導体デバイス部 モジュール生産技術グル ープ マネージャー)

このページの先頭へ

本文ここまで


バウンド トゥーイノベート

ページの終わり