ESG経営をグループ一丸で推進し、持続可能な社会の実現に貢献します。

古河電工グループは、「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献すること」を基本理念としています。

そして、1884年の創業から今日まで、エネルギー、情報、熱を伝える、繋げる、蓄えることを事業の柱とし、「メタル」、「ポリマー」、「フォトニクス」、「高周波」の4つの技術力を核として、情報通信やエネルギーなどのインフラ分野や自動車部品分野、エレクトロニクス分野へ、多岐にわたる製品を世界中に展開しています。

当社グループのDNAは、創業者である古河市兵衛が語った「従業員を大切にせよ、お客様を大切にせよ、新技術を大切にせよ、そして社会に役立つことをせよ。」にあります。この考えは、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に繋がり、環境、社会、ガバナンスに配慮したESG経営そのものであると考えています。この創業者の思いである「3つの大切」を念頭に日々経営を行っています。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、世界中で経済活動が停滞するという、かつてない厳しい状況を経験しました。2021年度は変化への対応力をさらに高め、2022年度から始まる次期中期経営計画目標達成に向けた「力ある会社に仕上げる」年としてまいります。そして、当社グループの技術・製品・サービスをOpen、Agile、Innovativeに提供することで人と社会基盤の健康を守り、成長を支え、真に豊かで持続可能な社会の実現を目指します。これらの活動を通じ、ステークホルダーの皆様のご期待に応えてまいります。

代表取締役社長小林 敬一