台風15号による当社千葉事業所の被災に関するお知らせ

2019年9月13日

このたびの台風15号により被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風15号によって当社千葉事業所も影響を受けましたが、現時点での被災および対応中の状況について以下のとおりお知らせいたします。

本台風による風雨の影響により、千葉事業所の電力ケーブル工場の建屋および窓の一部が破損し、一部の製造工程で稼働を休止しております。現在復旧作業(動作確認も含めて)を進めておりますが、今週中に大半の設備は稼働を再開し、9月末までには全設備について稼働を再開できる見込みです。
お客様およびその他関係者の方々には大変ご心配をお掛けし申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、一部報道※に当社に対する記述がございましたが、現時点での状況は以下のとおりです。

※報道内容:台風15号により古河電工の千葉事業所では野外の危険物ヤード内にある試験用変圧器の分圧器が落下。PCBを含む内部の絶縁油が約100リットル漏洩し、排水桝まで流れた。海上流出はしていない。現在詳細を確認中。

(現時点での状況)

  • 絶縁油にはPCBを含む可能性はあるものの、現在成分分析を行っているところであり、PCBが含まれているとの確定した結果は出ていない。
  • 所管の消防当局や環境行政機関に通報し、適切に対応している。

以上 

問い合わせ先
IR・広報部 能宗(03-3286-3049)