主要製品

自動車部品(ワイヤハーネス、ステアリング・ロール・コネクタ、バッテリ状態検知センサ、周辺監視レーダほか)、自動車用・産業用電池

2022年3月期の概況

自動車部品事業では、半導体や樹脂不足等による世界的な自動車生産台数の減産等による影響があっ たものの、ワイヤハーネスの売上が堅調に推移し、また、車両の軽量化・環境負荷低減に寄与するアルミ ワイヤハーネスの新車種への搭載も進み、売上が回復しました。上期での東南アジアの一部拠点における 新型コロナの影響によるロックダウンに加え、昨年秋以降は感染再拡大による工場の稼働率低下や、製品 の顧客への供給責任を果たすべく実施した緊急的な輸送による費用の増加で利益が落ち込み、減益となりました。
従来から取り組んでおりますワイヤハーネスの製造拠点におけるサプライチェーン 多重化を一層推進するとともに、品質のさらなる向上を目的としたワイヤハーネス製造工程の自働化を進めてまいります。

  2020年3月期 2021年3月期 2022年3月期
売上高(億円) 2,576 2,351 2,499
営業利益(億円) 109 50 -46