車載用の周辺監視レーダーで、従来、2枚で構成されていた基板を1枚に集約することで軽量化、省資源化となっています。また、本製品は国産初であり、国内拠点へは輸送エネルギーを抑えることができます。

最も寄与が大きいライフサイクルプロセス:使用

特長

  • 基板枚数削減によって軽量化及び省資源化(33%軽量化)を実現しました。 
  • 梱包形態を通箱にすることで、使い捨てによる無駄を省きました。
  • 国内生産・国内納入により、輸送エネルギーを抑えました。

機能

車両の死角(ブラインドスポット)に車両がいる時や、車線変更しようとした時に後方から接近車両がいるときにサイドミラーのインジケーターでドライバーに注意を促します。

用途

  • 車載用周辺監視レーダー

外観

周辺監視レーダーに関するお問い合わせ(古河AS株式会社サイト)