知的財産を経営資源として活用

知的財産の機能は次の二つと考えています。

古河電工グループのコア技術を、特許を始めとする知的財産権として権利化することで、事業運営の安定化に貢献する”リスクミニマム“。

知的財産権のオープン戦略により、市場拡大やエコシスシステムを構築し、さらに自他社の知的財産を解析することで、研究開発戦略や事業戦略の策定に貢献する“チャンスマキシマム”。

知的財産部では、知的財産を事業に“活用”できる経営資源のひとつとして位置づけ、この二つの機能で事業競争力を強化する「知財経営」を支えています。

知的財産部長メッセージ

知的財産は、古河電工グループの英知の集大成であり、事業優位性を構築するための貴重な経営資源です。

この知的財産を有効に活用して、研究開発・知財・事業が三位一体のチームとなって共創することで、古河電工グループ ビジョン2030を達成していきます。

そのための手法の一つとして、自他社の知的財産を解析し、マーケティング手法として活用するIPランドスケープを、古河電工グループでも積極的に取り入れています。知的財産部は、これまでの機能部門から戦略部門として活動を広げていきます。

知的財産部長
大久保 典雄

知財経営を推進するための基本的な考え方

知財経営を推進するための基本的な考え方は、経営資源である知的財産を、活用を起点としたサイクル(活用→創出・蓄積→保護)で回すことになります。差別化した独自技術に対して知的財産戦略を実行し、知的財産活動により事業を強化しています。このような知的財産活動のサイクルを回すことで、事業リスクを最小化し、事業の競争優位性を構築・維持しています。

知的財産ポートフォリオ

知的財産により事業競争力を強化すべく、古河電工の国内の権利数は2019年度を含めここ6-7年は5000件を超えています。

グローバル市場での拡販推進に伴い、米国、欧州、中国に注力した海外の権利数は増加しており、2019年度は3500件を超えました。

他社動向を把握したパテントポートフォリオマネジメントに基づき戦略的に知的財産権を創出していきます。さらに、知的財産を活用し、競争優位性を構築・維持していきます。

保有する権利の経年推移

2022年度の統括部門ごとの割合

研究開発に関するお問い合わせ